スポンサーリンク
Pocket

 

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!

 

わたしはこれまでの社会人生活の大半を「真面目過ぎる人間」として過ごしてきた過去があります。

 

わたしが真面目過ぎる社会人生活を送っていたということは、散々当ブログの別記事でお話してきました。

今回は、過去のわたしと同じように「真面目過ぎる人間」として日々働いているあなたに対し、ちょっとした息抜き方法をかなり具体的にアドバイスします!

 

なぜ息抜き方法なんてアドバイスするかと申しますと、真面目過ぎる人間は息抜きをすることすら悪いことと捉えてしまう傾向にあるからです!

 

真面目過ぎる人間にとって、ちょっとだけ仕事をサボって息抜きするということは、同僚の反感を買い、仕事の生産性を落とすあり得ない行為なのです。

 

真面目過ぎる人間の多くは、自分を押し殺すほど他人の目に不安感を感じ、いつも「叱られるんじゃないか」「叱られないために仕事は常に全力で真っ当しなければいけない」と考えています。

 

 

例外なく、以前のわたしもそうでした。仕事の最中にもかかわらず休憩時間以外に一服するなど言語道断!勤務時間中は全身全霊全力で職務に励むべき!休憩時間以外に休憩しようものなら、同僚らの反感を買ってしまいかねないという、思い返せば真面目過ぎてバカバカしい凝り固まった思考を持っていたのです。

 

そうやって他人の目を気にして、「仕事仕事」とクソマジメに仕事に取り組んだ結果どうなるのかというと、最終的に追いつめられて、自分自身の心が壊れてしまうのです。

 

自分の心が壊れてうつ病や一時的な精神疾患を発症してしまえば、その後仕事ができなくなってしまい、真面目過ぎるあなたが大好きなその会社に多大な迷惑をかけてしまう結果となるのです

 

そうならないために、元真面目過ぎる人間であるこのわたしのこれまでの社会人経験をフル活用して、真面目過ぎるあなたに対し、ちょっとだけ仕事をサボって息抜きする方法8種類を徹底伝授いたします!

 

普段から仕事をサボっている不真面目なサボリーマンは当記事に書いてあることを実行してはいけませんよ?真面目過ぎて一切の融通が利かない人間にのみ、推奨いたします。

スポンサーリンク

休憩時間は規定時間ぴったり取得する

真面目過ぎる人は、休憩時間を規定時間ピッタリ取得することなく、5分ほど早く仕事を再開してみたり、「仕事が終わらないから」という理由で休憩時間を半分に削ってしまったりすることもザラにあります。

 

自分に与えられた正当な「休憩時間」すら犠牲にして、仕事に励もうとしてしまうんです。

 

仕事をサボって息抜きすることを考えるのならば、まずは与えられた休憩時間をピッタリ使い切りましょう。昼休みが一時間あるならば、「休憩行ってきます」と同僚に断りを入れた瞬間から、「戻りました」と同僚に戻った旨を伝えるまでをピッタリ一時間にするのです。

 

よほどの事情が無い限り、与えられた休憩時間に5分前行動など不要です。

 

仕事をサボって息抜きをするという行為は、言い換えれば「与えられた休憩時間以外の勤務すべき時間を、許可なく休憩時間に転嫁させる行為」であるので、真面目過ぎる人間は、まず休憩時間を規定時間どおり取得するところからスタートとなるのです。

 

昼休みは車内などの完全個室で休憩してみる

真面目過ぎる人間は、周囲に対して常に気を張り、常に人の目が気になります。

 

仕事中はもちろんのこと、休憩時間ですらも同僚に気を遣い、同僚たちのつまらない雑談にニコニコ笑顔で相槌を打つなど、自分の休憩時間ですら自分自身に負荷をかけてしまっている場合もあるのです。

 

その状態を解消すべく、昼休みは自分の車の中や完全に一人になれるところで休憩してみましょう。一番の理想は自分の車の中ですね。車が無ければ、人気の全くない会社の非常階段や、誰も来ない会議室や多目的室でも結構です。

 

完全に一人で休憩することができれば、同僚たちに気を遣う事も無く好き買って過ごすことができます。

 

一人で好き買って過ごせるのですから、昼寝をしたり、家からマンガ本を持ち込んで読んでみたり、スマホをいじったり、なんでもOKです。

 

服装だってテキトーにできます。スーツを脱いでネクタイも緩め、ワイシャツなんてズボンの外に出しちゃいましょう。

 

一人きりで休憩できる時間は、真面目過ぎる人間にとって至福の時間となり、心の負担をかなり軽くしてくれます。

 

スポンサーリンク

席を立った時、自動販売機で飲み物を買って飲んでみる

真面目過ぎる人間にとって、休憩時間以外に自動販売機で飲み物を買うという行為は、理解し難いあり得ない行為です。

 

真面目過ぎる人間にとって、休憩時間ではない時に飲み物を買って飲むという行為は「仕事の生産性を落とす悪い行為」「他人に叱られる行為」と考えているのです。周囲の目が気になり、休憩は定められた休憩時間内にのみ行うべきという考えに捉われてしまっています。

 

その凝り固まった概念を払拭するため、席を立って用事を済ませた後にすぐにデスクや作業所に戻ることなく、そのまま自販機で飲み物を買って小休止してみましょう。

 

小休止した後、真面目過ぎるあなたはこう思う事でしょう。「あ、誰からも咎められなかった」「休憩時間以外にちょっとした休憩時間を挟んでもいいんだ」と。

 

そうなんです。休憩時間以外に缶コーヒーやジュースを飲んだって、何も問題は無いのです。

 

トイレの個室に入り浸ってみる

真面目過ぎる人間は、時には生理現象であるトイレすら我慢することがあります。

 

そこでお勧めしたいのが、トイレに立ったらそのまま個室に閉じこもるという小休止の方法。

 

トイレには誰だって行きますので、常識的に考えて咎められることではありません。それを利用して、あえて普段より3分間長くトイレに滞在するのです。

 

トイレの個室の中に閉じこもることができれば、そこは他人の目が一切無いパラダイスです。

 

思う存分スマホをイジリ倒したり、目を閉じて疲労回復を図ったりしてみましょう。

 

この方法を一日に何度か導入することができれば、真面目過ぎるあなたのストレスは多少は緩和されることでしょう。

 

一人で外出する機会があったら、15分間だけ昼寝してみる

真面目過ぎる人間は、仕事での外出をこう考えています。「仕事で外出したら、用事を済ませた後はすぐに会社に戻るべきである」と。

 

真面目過ぎる人間は一切の融通が利かないと言っても過言ではありませんので、仕事のために一人で外出した場合でも常に誰かの目におびえ、仕事をサボってちょっと息抜きすることを悪だと考えています。

 

「用事が済んだらすぐ会社に戻って当然」といった考えをしていますので、その考えを根本的に変える必要があります。

 

一人で外出する機会があった場合、休憩時間でなくても結構ですので、15分間だけ昼寝をしてみましょう。

 

車で外出しているのならば車内で、徒歩で外出しているのであればカフェ等に立ち寄って、昼寝してみましょう。

 

真面目過ぎるあなたはきっとこう思うでしょう。

 

「あ、外出した時に昼寝しても誰にも咎められなかった!これくらいなら息抜きしてもいいんだ」と。

 

そうです、外出時には息抜きを兼ねて昼寝するくらい、何の問題もありません。外出した際はどんどん昼寝をしましょう。真面目過ぎる人間には、それくらいの気持ちでいることが重要なのです。

 

一人で外出した際に、カフェや本屋などに立ち寄ってみる

もう一つ、外出した時の効果的な息抜きの方法を伝授します。

 

仕事中に外出したのを好機と捉えて、カフェや本屋などに立ち寄りコーヒーを飲んだり読みたい本を探したりしてみましょう。

 

本来その時間は勤務時間なのですが、あえてその時間を少し削って私用に充ててみるのです。

 

真面目過ぎる人間が常に抱いている「仕事中は仕事以外のことはしてはいけない」という概念が見事覆る瞬間となることでしょう。

 

勤務時間中にカフェに立ち寄ってコーヒーを飲みながらスマホをいじったり、勤務時間中に読みたかったマンガ本などを探して買って読んでみたり、本来であればタブーな行動を取っても、内緒にしていれば咎められることもありません。

 

仕事中に給与明細を眺める

本来は業務にのみ集中すべき勤務時間中に、あえて給与明細を眺めてニヤニヤしてみましょう。

 

勤務時間に給与明細を見て「先月も頑張った」と、ニヤニヤするんです。

 

自分のデスクで給与明細を眺めるのが忍びないのであれば、席を立って人気のないところに行ってもよし、トイレの個室に入り浸って眺めてもよしです。

 

給与明細を眺めるのに10分も20分もかかるわけじゃありません。真面目過ぎる人間は、たった数分間仕事を中断して給与明細を眺められるくらいの心の余裕を持ちましょう。

 

勤務時間中に給与明細を眺めてニヤニヤしても、誰からも咎められることは無いのです。

 

仕事中に選択式宝くじの番号を予想してみる

仕事中に席を立たずして手軽にできる息抜き方法が、ナンバーズやロト6などの数字選択式宝くじの番号を予想するというもの。

 

「今回の抽選では前回と似たような数字が来る」とか「前回と前々回は一部の同じ数字が連続で来たから、今回はガラッと変わる」なんていう具合に脳内で想像を広げてみるのです。

 

もちろん、他人からは一見してきちんと仕事をしているように見えますので、内緒にしている限りバレることなどありません。

 

しかもこれ、すぐに本来の仕事に戻れるというメリットもあり、他のサボり方と比較して効果は若干薄めですが、それなりにストレス発散になります。

 

おわりに


先ほど、真面目過ぎる人間が常に誰かの目におびえ、常に得体のしれない不安感に襲われている場合が多いと申し上げましたが、この状態は本人にとっては非常につらいのです。

 

わたしもそんな特徴を持つ元真面目過ぎる人間であったのでよくわかりますが、仕事を真面目にこなすことが「他人から悪い評価をされたくない」「叱られたくない」という心理に基づくもの以外の何ものでもなくなってくるのです。

 

これはおそらく、その人の「思考の癖」から発生しているものなのでしょうが、真面目過ぎる人間は、どう頑張っても上手く息抜きをすることができません。

 

なので、もし当記事を読んでいるあなたが自分で自分のことを「俺(わたし)って真面目過ぎる人間だよなぁ」とちょっとでも思っているのならば、次に仕事に行った時、上記8種類の息抜き方法のどれか一つだけでも実践してみてください。

 

そしてしっかり理解してください。

 

あなたが仕事中に多少休んだところで、誰からも咎められないということを。

 

あなたのその厄介な「真面目過ぎる」という癖を直すには、仕事中に手を抜く訓練をする以外方法が無いのです。

 

もう一つ、しっかり理解してください。

 

「真面目過ぎる性格」は長所ではありませんよ?致死性を秘めた極めて危険な短所です。

 

どうか、一刻も早くあなたの「真面目過ぎる性格」が改善されるようにお祈り申し上げ、終わりとします。

スポンサーリンク
おすすめの記事