その効果、圧倒的!!トイレ掃除を1年間続けた結果が凄かった

Pocket

スポンサーリンク

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!

ポコ
烏枢沙摩明王の使い、ポコだっポ!

 

実はわたし、1年前からとある実験をしているんです。

それは、「便所掃除」こと「トイレ掃除」!!

どうでしょう、皆さん、「トイレ掃除をすると運気が良くなる」とか「金運が上がる」「成功する」「億万長者になれる」とか聞いたことないですか?

本当に何かいいことがあるのかと思って、一年くらい前からことあるごとに掃除をしています。

今、テレビに出ている有名芸能人とか、会社のお偉いさんとか、トイレ掃除を推奨している人ってたくさんいますよね。どうしてそんなに効果があるのか?その理由がおぼろげながらわかった気がします。

さあ、張り切っていってみましょう!!

「トイレ掃除」ってなに?

はい!まずはここから!トイレ掃除って何?

バカにしているんでしょうかねえ?いいえ、じゃあ聞きますが、あなたは本当に知っていますか?トイレ掃除を。

トイレ掃除を説明せよ、というテスト問題が出たら、答えられますか?

ほーら詰まりましたね?それはトイレ掃除を知らない何よりの証拠。

それではお教えしましょう。

トイレ掃除の極意を・・・。

それは!

究極にトイレをピカピカにすることです!!!

・・・まんまやーん!

スポンサーリンク

「トイレ掃除」で起きた数々の不可思議現象!

わたしがトイレ掃除を続けた日々をとおして、実際に体験した数々の不可思議現象をお話ししましょう。

・ トイレ掃除をした後、すぐにインターホンが鳴ったので出てみると、近所の人が野菜をお裾分けに来ていた。そんな日々が続いた。

・ 自分の実家、妻の実家から大量の支援物資・支援金(お小遣い)がたびたび送られてくるようになった。

・ Wi-Fiを契約した時、担当者に説明された覚えのない「キャッシュバック1万円」が送られてきた。

・ 予約数量に達していて本来買えるはずのなかった「プレステ4ドラゴンクエストロトエディション」が奇跡的に買えた。

・ 仲の良い近所の人からカブトムシとクワガタをもらった。

・ あんなこと

・ こんなこと

まだまだあります。本当に小さいことですが、明らかにトイレ掃除をする前より、いいことが数倍に増えたと実感しています。

けたろー流「トイレ掃除」のやり方&こだわり

なんてことはない。トイレなんぞ、ふっ、素手で徹底的に磨き上げればよい!!

わたしはトイレ掃除用のタオルを2本用意して、両方水で濡らし、1本目は便器用、2本目は棚、壁、床用に分けて使っていました。

トイレ掃除って、一度きれいにしてしまえば、毎日掃除する分にはさほど汚れないんですよ。だから、洗剤を付けずともきれいになるんです。

わたしの勝手なこだわりとしては、トイレのフタにカバーをしないこと、トイレのフタは常時閉めた状態にしておくこと、モノを極力置かないこと、がありますね。

他のサイトを見てみると、「トイレ掃除は素手で行った方がいい」「ゴム手袋をするとダメ」など、様々な情報が飛び交っています。

私が思うに、大切なのは「掃除をする」っていう心です。当然、ナンチャラを家の外に流し出してやる場所ですから、それなりに汚れます。

気持ちが悪いと感じる方もいると思います。なので別に何を使って掃除をしてもいいんじゃないかと。

トイレの神様とは

一般的にトイレの神様と言われている方が、「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」です。それがこの方!

見てくれがコワいですねえ。コワいけど、とってもありがたい存在なんです。

烏枢沙摩明王は、人間界と仏の世界を隔てたところにある炎の世界に住んでおり、人間界から流れてくる煩悩が仏の世界に行かないようにそこで焼き尽くすという役割を担っているといいます。

なんだか、FFに出てくる召喚獣イフリートみたいですね。和風イフリートとお呼びして差し上げましょう!

心の浄化や、様々な不浄なものをその炎で燃やし尽くす炎の仏様なので、「不浄潔金剛」とか「火頭金剛」とも呼ばれるそうです。

ウソか真か、お母さんの体の中にいる赤ちゃんを女児から男児に変える力があったといい、戦国時代には武将たちに広く信仰されていたようです。カリスマ的存在だったんでしょうね。

トイレの神様小話「7人の神様ランナー」原作:小林正観氏 題・超着色:けたろー

小林正観さんという作家さんが、この烏枢沙摩明王について面白いお話をしています。

ちょろっと、そのお話にけたろー流妄想解釈を味付け程度にプラスしておきましょう。

 

新築の家には、7人の神様が住み込むと言われているそうです。

その神様たちは、新築祝いに何かしら物を持ってやって来ると言います。

最初の神様は手ぶらで全力ダッシュでやって来るそうです。そして、家の中で一番カネがかかっててキレイな応接間を陣取ってしまう。

ふんぞり返ってしまうんですね。あ、いえ、なんでもありません。お茶ですか、はいどうぞ。

2番目の神様は、ちょろっとした紙袋くらいのお土産を持って、これまた全力ダッシュでやって来る。でも、手ぶらの応接間の神様にはかなわない。なので、応接間の次にきれいな玄関を選ぶそうです。え?玄関をもう少しきれいに?はい、すみません、すぐやります。

3番目の神様は、セカンドバッグにお土産を詰めて持ってくるそうです。セカンドバッグをもって全力ダッシュはきついので、ダッシュで来ます。やはり、前の二人には敵わず、リビングを選ぶそうです。きっとテレビでも見るんでしょうね。重いものは持ってないので、まだテレビを見る体力は残っているんでしょう。あ、お笑いが好きなんですね?ああ、モニタリングの方が好き、そうですか。

4番目の神様は、リュックを背負ってきます。当然重いのでダッシュもできず、マラソン速度でやってきます。そして、マラソンでくたびれたのか、寝室に入っていくそうですね。きっとそのまま昼寝するんですね。お疲れでしょうから、寝させておいてあげましょう。

5番目の神様は、4番目の神様より大きいであろうリュック「バックパック」を背負ってくるそうです。もっと重いので、ジョギング程度の速度でやってきます。ジョギングでエネルギーを使い切り、栄養補給をするためか、台所に陣取ってしまいます。きっとこれからご飯を作るんでしょう。一緒にわたしのお昼ご飯を作ってもらうよう、頼んでおいてもらえません?

6番目の神様は、大きいかたまりを持って来るそうです。多分、この6番目の神様は、亀仙人のじっちゃんに修行を受けたんでしょうね。悟空やクリリンみたいに、この大きなかたまりを持ちあげるんでしょうね。でもこれ、岩か鉄ですかね?発泡スチロールなわけはありませんよね。よたよたと歩いてきますので、すぐに洗面所で水をがぶ飲みしたのち、お風呂に居座るそうです。あ、風呂にはちゃんとバブを入れておきましたから!グリーンの香りですよ、ごゆっくりどうぞ!

7番目の神様、つまり烏枢沙摩明王は、山男が背負うような、背中が全部見えなくなるようなザックを背負って、大量のお土産を入れてくるそうです。当然、よろよろどころじゃなくて、すた・・・すた・・・レベルですね。あれ?家についても全部の部屋が埋まってる・・・。空いてるところは、あ!あったじゃん!トイレ!

ってことで、トイレに一番財を持った烏枢沙摩明王様が居座っておられるのだとか。

ウソかホントか、信じるか信じないかは、あなた次第です!

わたしが参考にさせていただいた、小林正観氏について書いてあるブログを紹介します!

もはや元のお話の原型が…けたろーアレンジをしすぎた模様です。

トイレ掃除をすることで生まれた精神的な変化

トイレ掃除を続けることで、心の持ち方にも確実に変化がありました。

まず、汚いトイレを見るとどうしても掃除したくなる衝動に駆られます。そして、いてもたってもいられず掃除してしまいます。

心の変化と言うか、変な義務感みたいな気がしますね。

小さい変化にもよく気付くようになりました。あ、髪の毛落ちてる、汚れが付いてる、みたいなことです。

さらに、モノに対する感謝の気持ちが増えました。トイレに対して「いやー、今日もきれいでいてくれてありがとうね、今日もきれいだよ」的な感じですね。

けたろーまとめ

これだけすったもんだ何だかんだ書きましたが、はっきり言って今でも迷信だと思ってます!(キッパリ)

ですが、とっても凄い効果が出たのは事実。そしてとっても気分が良くなります。トイレがきれいなのは本っ当に気持ちがいい!

あなたのトイレはきれいですか!?尿はねや、ナンチャラがこびりついていませんか?

さあ、トイレ掃除のはじめ時は、やる気がわいたその時です!

レッツトライ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です