スポンサーリンク
Pocket

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!
ポコ
ボクもげんキッズで遊びたい、のポコだっポ!

さて今回は、山形県天童市にある「げんキッズ」という子供の遊び場をご紹介しちゃいますよ!

この施設、観光施設では無いのですが、地元の子供の遊び場として有名です!

もちろん、県外の人が使っちゃいけないということはありませんから、県外に住んでいて帰省した時などにどうぞご利用ください!

「げんキッズ」ってなに?

「げんキッズ」とは、正式な施設名称を「天童市子育て未来館 げんキッズ」と言います。

「元気」+「キッズ」で「げんキッズ」ですね!

山形県天童市にある、子供が元気に思いっきり遊べる施設です!

平成27年5月にオープンした施設と言うことですから、まだ新築同然です。

ここ、ヤバいですよ!?

子供がマジで「遊びすぎ中毒」になるレベル!

さすが子育て施策に長けている天童市にある施設です。

しかも利用料がタダですから、遊びたい放題なんです!

わたしも子供だったら永遠に遊んでいたいですね!

わたしの長男が夏休みなので、ちょっと離れていますが連れていくことにしたんです。

以前から噂には聞いていました。

「子供がめいっぱい遊べるよ」と。

実際に行ってみてビックリ!

わたしが「遊びすぎ中毒」になるところでした!

では、紹介していきますね!

まずは施設データから!

「げんキッズ」データ

施設名称 天童市子育て未来館 げんキッズ
運営者 天童市
管理者 東京ドームグループ
所在地 山形県天童市芳賀タウン北二丁目7番18号
電話番号 023-651-8240
FAX 023-651-8280
利用料金 無料
開館日 毎月第3水曜日(祝日の場合は次の日)と1月1日を除く毎日
開館時間 午前9時~午後7時
利用可能年齢 中学生未満
利用時間の目安 入館から2時間
付き添い 子供の保護者、または18歳以上のそれに準ずる方
飲食 施設2階でのみ可能
喫煙の可否 不可。敷地内禁煙
駐車場 屋外に200台
最寄り駅 JR奥羽本線 天童南駅
アクセス 天童南駅から徒歩で約15分(約1.6km)

天童駅から車で約3分(約2km)

山形駅から車で約30分(約15km)

スポンサーリンク

「げんキッズ」に行ってみましたよ!

やってきました天童市!ココがげんキッズです!

うっひゃー、車がたくさん止まってますよ!

「げんキッズ」の外観です。
でも、ぱっと見、「堅苦しい市の施設」のようにも見えますね・・・?
真っ白なその外観からは、ちょっと面白そうな雰囲気は全く伝わってきませんよ?大丈夫かな。
げんキッズの直近には、天童市にある大型ショッピングモールの「イオンモール天童」があります。

地元では通称「イモ天」呼んでます。

げんキッズのそばにある「イモ天」こと「イオンモール天童」です!

げんキッズの駐車場は結構台数が止められるにもかかわらず、午前10時の時点でほぼ満車状態でした。

遊びに行った日が休日だったためでしょうが、あとちょっと遅かったら止めれなくなっていたと思います。

げんキッズの中に入ってみると、女性係員が迎え入れてくれました。

館内は土足仕様ではなくて、大きな下駄箱がありました。

この施設、どうやら大人だけでの入場はできないようです。

そりゃそうですよね、子供の施設に大人一人で入ったら、完全に不審者です。

受付で「大人と子供の人数」「何回目の来館か」「どこから来たか」など、簡単な申込み票を書いて提出します。

そうすると、入館時間の書いたネックストラップを渡されますので、首に掛けます。

その後、初めての方は係員から施設の使用方法についての説明を受け、いざ入館です!

館内の見取図は下のパンフレット(裏面)画像のとおりです。

「げんキッズ」の中の見取図です。
こっちがパンフレット(表面)画像です。
「げんキッズ」のパンフレットの表面です。
このパンフレットを見てみると、元の管理者の欄の上から「指定管理者 東京ドームグループ」なんてシールが貼られてますね。
東京ドームグループに属してる子会社か何かが管理しているんでしょうか?
調べてみたところ、運営は天童市が行っているんですが、施設の管理は東京ドームグループが行っているようです。
まさかこんな身近に東京ドームグループの管理する施設があったとは驚きです。
ということは、この施設の管理レベルは東京ドーム並みってことですね!
もう期待しかない!
ポコ
おーい、けたろーが遊ぶわけじゃないっポ!もう 完全に子供になってるっポね。

「げんキッズ」の1階はこんな感じ!

館内に入ると、おおよその年齢により遊べるスペースが分けられていました。
館内に入ると、まず真っ先に目に入るのが対象年齢3歳から5歳までの「ゆめ広場」にある「ボールプール」です。
ボールプールは子供が大好きですよね!
ボールは柔らかいプラスチック製なので、当たっても痛くありません。
踏み損ねて転んだってへっちゃらです。
ボールプールと言えば、わたしの奥さんが小さい時、ボールプールで溺れたと言ってましたね(笑)
この施設のボールプールは浅いので、決して溺れることはありません!
ゆめ広場の「ボールプール」です。
このボールプールには、こんな穴入れゲームが付いてます。
「90点」とか「60点」とか書いてありますね。
穴に入れても何も景品とか無いんですけど、子供たちは我先に競い合って穴めがけてボールを投げつけてました。
子供はこういうの大好きですからね!わたしは未だにこういうのが好きですけど!大人なのに。

ゆめ広場のボールプールの穴入れゲームです。
ボールプールの隣には、ボールを使って遊べるブロックコーナーがありました。
ここもボールプールコーナーの一部のようです。
ボールプールの隣にあるブロックコーナーです。
もうこれは子供は絶対に楽しい!
このブロック、ただのブロックではなく、中央に溝があるブロックです。
ボールプールからボールを持ってきて、ボールを滑り台のように滑らせることができます。
次に、ボールプールと同じゆめ広場にあるのが「おもちゃコーナー」です。

ゆめ広場の「おもちゃコーナー」です。
おもちゃコーナーには、女の子が大好きそうなままごとセットがあったり、男の子にはたまらない大きな消防車の中に入ったブロックがあったり、知育玩具のようなものもたくさんありました。

こんな感じのがありましたよ!

これを誕生日とかクリスマスに貰ったら、子供は飛び上がって喜びますね!
その他、マグフォーマーという磁石式ブロックもありました。
これは大人気でした!子供同士が取り合いをしてました(笑)
その他にも、ちょっと大きな子供用の知育玩具がたくさんありました。
このおもちゃコーナーには、もちろん男の子もいましたが、どちらかというと女の子の割合が多い気がしました。
お父さんが小さな娘さんとままごとをしてるのを見た時はほっこりしましたね。
次です。
同じゆめ広場の中に、ひときわ行列ができるアトラクションがありました。
それがこれ、「ふわふわトランポリン」です!
ゆめ広場にある「ふわふわトランポリン」です。
これ、子供だけじゃなくて、大人も大好きでしょ!
大人は恥ずかしいからなかなか口に出せないですけど、わたしは言いますよ!?
けたろーはふわふわトランポリンがしたいぜよ!!
・・・ということで、長男と一緒にやってみました!
奥ですっころんで自滅してるのが長男です。
「ふわふわトランポリン」で遊んでみましたよ!
これ、メッチャ気持ちいい!
下から空気が常に送られているんですね!
「しゅーーー」っていう音がずっと聞こえてました。
足元はふわふわするし、子供が跳ねると揺れるし、こりゃ楽しいわ~!
1回当たり2、3分くらいですね。
で、これがあまりにも楽しかったので、同じ商品があるかどうかAMAZONと楽天を使って探しました。
30すぎたオッチャンが、トランポリン遊びが楽しすぎて、必死こいて探しました。
ええ、探しましたよ、同じトランポリンを・・・
その結果・・・
・・・・・・
・・・

見つかりませんでした!

全くもって残念です。

それでも諦めず探したところ、似たようなのならありました!

高っ!!こんな買える人いるの!?

超イイ値段するんですね!

トランポリンは一回にできる人数が限られているので、どうしても順番待ちが発生します。

他の子を抜かさず順番を守って遊ぼうね!

次です!これもやりたかったな~!!

「ごろごろりん」と言うそうです!

めっちゃ楽しそうな「ごろごろりん」

デカい円筒形の丈夫な風船みたいなのに入って、手足を使って器用に転がす遊びです。

10mくらい先にあるブロックまで行って戻ってくるんです。

一人当たりの時間はおよそ20秒くらいでしょうか。

器用な子はハムスターのようにタタタタタッと回すんですけど、うちの子のようにヘタクソだと、頭からべちゃー!って突っ込んでいくハメになりますよ!

で、そのまま一回転!

もちろんケガなんかしませんよ!

大人がやっても絶対に楽しい!

どこかのお母さんと娘が一緒にやっていたのを見た時には、本当に羨ましかった!

ゆめ広場はここまでです。

次に、対象年齢が6歳から小学生までの「ぼうけん広場」に行ってみましたよ!

「ラ・フランスタワー」なる巨大な遊具や、それにくっついている2種類のグルングルンうねってるスライダーが魅力的でした!

こどもが「きゃーきゃー」言って滑ってきてました!
この「ラ・フランスタワー」はらせん状に網が貼られていて、その上を歩いて頂上まで行くんですけど、
結構足の裏が痛くなります!
最初だけ長男に続いて登ってみましたが、登るのは大人の方が大変ですね。
子供は体重が軽いのでスイスイ登っていきますが、大人は体重が足の裏にモロに掛かってきます。
こんなアスレチックもありました!
子供用ボルダリングまでありましたよ!
この他にも、壁に穴が開いていて、その中でディズニーの映画が見れる「どうくつシアター」とか、壁の穴同士が繋がっている「たんけんトンネル」なんてのもありました!
次回行った時に写真を撮って追記しておきます。
また、今回は赤ちゃんから2歳児対象の「ハイハイ広場」には行きませんでした。
と言うより、行けませんでした(汗)
だって、わたしが連れてる長男は赤ちゃんじゃないですから!
30超えたオッチャンと、赤ちゃんじゃない長男がハイハイ広場で遊んでたら、そりゃ不気味ってもんです。
次、次男を連れて行った時に写真撮ってきて追記しておきます。

「げんキッズ」の2階はこんな感じ!

長男が遊び疲れてきたところで、2階に行ってみました。

2階はどうやら主に休憩スペースのようですね。

2階に限って飲食可能なようです。

自動販売機もありました。

ジュースの自動販売機です。
売っているジュースは、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層が飲めるものばかりです。
反対側がこれ。
ジュースとアイスの自動販売機です。
真ん中に立って、アイスが売り切れであることに納得できず、ダダこねている長男くん。
アイスは主にパックアイスか棒アイスですね。
この日は真夏日でした。
そのおかげで2台のアイスの自動販売機が全部売り切れ状態!
売り切れなら仕方ないです。
アイス屋さん、商売繁盛です!
長男はガックリでしたけど。
自動販売機の奥にあるのが「子育てカフェ」と「多目的交流エリア」です。
「多目的交流広場」の様子です。
子育てカフェには、テーブルと椅子が置いてありました。
多目的交流広場は・・・何も置いてませんね。そういうもんなんでしょう。
2階には、このほかに「子育て情報コーナー」というところがありました。
色々な情報が壁一面に記載されています。
市内の幼稚園・保育園などの情報です。
パンフレット類です。

イベント情報も満載!

衛生面や安全面はどうなの?

子供を遊ばせる施設として親が一番気に掛けるのが衛生面と安全面です。

このげんキッズは、館内全てがとてもきれいです!

常に女性係員さんが「巡回」というジャケットを来て、床をモップ掛けしていたり、手すりの拭き掃除などをしています。

本当に細かく掃除してくれている印象です。開館時間中もずっと掃除してくれてます。

トイレもとてもきれいです。

ちょっと話は逸れますが、係員さんはとても親切!

ウチの長男が、自宅で作った切り傷に巻いていたバンドエイドがはがれて痛くてベソかいていたら、係員さんが即座に寄ってきてバンドエイドをもらうことができました!

もはや感動するレベルです。

安全面については、「尖ったもの」「固いもの」は極力無く、館内のほとんどがクッション性のある素材でできている印象です。

もっとも、柱とかクッション性を持たせることができない部分に関しては、子供の目線の高さでクッションが巻いてあったりします。

普通に遊んでいる分にはケガをすることはなさそうです。

が!一か所だけ注意を要する箇所があります。

「ぼうけん広場」のアスレチックは要注意です。

注意書きも出ていますが、過去に子供の転落事故が起きたようですので、手を滑らせないか十分に監視しておく必要がありますね。

全てのアトラクションに係員さんが常駐しており、もちろんここにも常駐していますが、万が一転落したら絶対に間に合わないでしょう。

いかがだったでしょうか?

こんないい施設を無料で利用できるなんて、天童市はなんて親切なんでしょうか!

子供をめいっぱい遊ばせるにはココがいいですね!

同じ年代の子供がたくさんいるので、社交性や協調性も養えます。

県内外問わず、おススメですよ!

たまには子供を「遊びすぎ中毒」にしてあげるのもいいかもしれません!

おわりに

当ブログでは、我が山形県への旅行や移住、特産品の購入を考えている全国の皆さんに対し、少しでも役に立つ情報をまとめています。

わたしが実際に観光地などに行ってみて直接取材していますので、限りなく観光客と同じ目線に立って記事作成に当たっています。

実際にその場所まで行く必要があるので、ちょっと記事を書くペースは遅くなるんですけど・・・

この記事以外にも、山形県内のそれぞれの地方ごとにまとめた記事がありますので、ぜひコチラもご覧ください!⇒【山形県を遊び尽くす】

以上でーす!

スポンサーリンク
おすすめの記事