スポンサーリンク
Pocket

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!
ポコ
ポコだっポ!飲酒運転をする可能性のある人にお酒を勧めちゃダメだっポよ!

今回は、元POLICEMANであるわたくしけたろーが、飲酒運転を助長する行為について詳しく語ります!

今回お話しするその行為とは、

「飲酒運転をする可能性のある人にお酒を提供したり勧めたりする行為」

についてです!

以前、わたしは「運転する可能性のある酔っ払いに車を貸す行為」「酔っ払いが運転する車に『乗せて』と頼んで乗る行為」は、「飲酒運転周辺者三罪」という飲酒運転を助長する行為であり犯罪だということを言いました。

今回お話する「飲酒運転をする可能性のある人にお酒を提供したり勧めたりする行為」も、飲酒運転を助長する周辺者三罪の一つに該当します。

もし、そのお酒の席やお店に車で来ている人に対し、「ちょっとくらいイイじゃない」なんていってお酒を勧めてしまった場合、その行為、最悪犯罪に該当してしまうかもしれませんよ!?

スポンサーリンク

法的根拠

【道路交通法 第65条第3項】

何人も、酒気を帯びて車両等を運転することとなるおそれのある者に、酒類を提供し、または飲酒をすすめてはならない。

「飲酒運転をする可能性のある人にお酒を提供したり勧めたりする行為」って?

つまり、条文を超簡単に言うと、「飲酒運転をする可能性のある人にお酒を提供したり勧めたりする行為はダメですよ!」ってことを言っています。

「飲酒運転をする可能性のある人」とは、超簡単に言うと「そのお酒の席に車やバイクで来ている人」です。

「お酒を提供したり勧めたりする行為」とは、例えばバーのママが車で来店したお客さんに対し、車で来ていることを知っていながら「ちょっとくらいイイじゃないの♡」なんて言ってお酒を勧める行為です。

でもこの場合、例えば居酒屋でお酒の注文を受けて運ぶだけの単なる従業員は該当しません。

あくまでも「自分で管理しているお酒」を、自らの意志によってその人に提供することを言います。

しかも、お酒が有料であるかタダであるかを問いません。

この条文は、主に「お酒を提供するお店」を主たるターゲットとして設定しているものでありますが、条文を解釈する限り、例えば友人宅に車で赴き、その友人が「車で来てたってちょっとくらいイイじゃん!飲んでけよ!」と自宅にあるお酒をふるまう行為も含まれますね。

スポンサーリンク

違反した場合の罰則は?

お酒を勧めた相手がそのお酒を飲んだ後に酒酔い運転をした場合・・・3年以下の懲役または50万円以下の罰金

お酒を勧めた相手がそのお酒を飲んだ後に酒気帯び運転をした場合・・・2年以下の懲役または30万円以下の罰金

となっています。

もちろんこの罰則は、お酒をその人に提供した後に、その人がそのお酒を飲んで飲酒運転に警察に捕まった場合や、交通事故を起こした場合にのみ適用されます。

単純に飲酒運転をする可能性のある人にお酒を勧めただけでは処罰されません。

このご時世、客に飲酒運転させたら、その店潰れますよ?

このご時世、もうそんな店は存在していないとは思いますが、念のため書きます。

もしも、未だに車で来店したお客からお酒を頼まれたり、または自ら進んでそんなお客にお酒を提供している居酒屋やバーなんかがあったとしたら、もう時代が許しませんよ?

法律を守らない店はさっさと潰れてしまった方が世のため人のためです。

酒類を提供する店は、必ず「ハンドルキーパー」つまり「アッシー君」がいるのかどうかを確認しなければなりません。

また、車で来店した客がお酒を注文した場合は「帰りの手段はどうするのか」という部分を必ず聞く必要があります。

もしちょっとでも怪しい言動があった場合は、きっぱりとお酒の提供を断らないといけません。

お酒の提供を断ったにもかかわらず「酒を出せ」とせがんでくる客がいた場合は退店依頼をしましょう。

退店依頼したにもかかわらず、しつこくとどまろうとする場合は「不退去罪」となりますので、さっさと警察に通報して差し上げましょう。

何があっても、車で来店し飲酒運転をする可能性のある客には絶対に酒類を提供してはなりません。

もちろん、自分から進んで酒類を提供することなど言語道断です。

もし違反した場合は、法律による刑事罰が科せられるのはもちろん、メディア沙汰になりお店の信頼ガタ落ち、店をたたまざるを得なくなります。

それがチェーン店等幅広く展開している店であればなおさら風評被害は免れないでしょう。

「お酒絡み」の問題は、もはや「飲む人」だけの問題ではありません。

「飲ませる人」にもそれなりの責任が降りかかってくるということを忘れないでください。

お酒を飲む方も飲ませる方も、健全な飲酒環境を整えましょう!

これはもはや、酒を飲む客と、飲ませる店側のモラルと良心の問題です。

以上でーす!

当ブログの日常生活で巻き込まれる恐れのある犯罪やトラブル対処法はこちらから!

【元POLICEMANが色々語る場所】

スポンサーリンク
おすすめの記事