鎮魂の最上川舟歌 轟音響きわたる水郷大江の花火大会
スポンサーリンク
Pocket

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!
ポコ
花火のあの胸に響く轟音がたまらない、ポコだっポ!

今回は、山形県の大江町で毎年8月15日に開催されている、山形県内最古の花火大会をご紹介します!

「水郷大江夏祭り灯ろう流し花火大会」公式ポスター

わたしもこの花火大会には子供のころから幾度となく行きましたが、景観美と雰囲気が凄いんです。

他の花火大会などにも色々行きましたが、周りの景観美と雰囲気と花火の美しさがここまで一体化しているのはこの花火大会だけでしょう。

一般的な花火大会の楽しい雰囲気と言うよりは、最上川と、夕暮れと、花火に灯ろうの揺らめきが交じり合い、なんとも風情のあるイイ雰囲気を醸し出しているんです。

夕闇迫る最上川河畔。打ち上げまでもう少しです!

また、この花火大会は打上場所と大会会場がかなり近いので、小さい花火はより大きく、大きい花火はさらに大きく見えるうえ、「ドーン」と響く轟音も凄まじいものがあります。

冗談抜きで轟音で子供が泣いちゃうレベルです。

ここまで打上場所が近い花火大会はそうそう無いと思います。

規模は小さいですが、その独特の雰囲気に酔いしれることができるので、心から「来てよかったな」と思える花火大会です。

花火大会データ

大会名称 水郷大江夏まつり灯ろう流し花火大会
開催日時 毎年8月15日 午後7時から午後9時まで(雨天決行、荒天中止)
開催場所 山形県西村山郡大江町左沢(あてらざわ)内最上川河畔
打上花火総数 約4000発(主催者発表)
打上場所 楯山公園、柏瀞、千本原の3か所
観客数 約8万人(主催者発表)
露店数 約80店舗(主催者発表)
トイレ数 仮設トイレ15か所、周辺施設5か所
駐車場数 会場周辺8か所、合計約2000台分
アクセス JR左沢(あてらざわ)線左沢駅から歩いて5分、山形自動車道寒河江IC(スマートICあり)車で15分
宿泊施設 周辺にホテル等の宿泊場所はありません。県外からお越しの方は宿泊先を確保しておく必要があります。
備 考 花火大会終了後は、毎年の如く付近の渋滞が発生しますので、ご承知おきください。
お問い合わせ 大江町役場政策推進課観光振興係

〒990-1101 山形県西村山郡大江町大字左沢882-1

TEL:0237-62-2139 FAX:0237-62-4736

E-mail:kanko@town.oe.yamagata.jp

関連HP 大江町観光物産協会

大江町と花火大会

大江町は山形県のほぼ中央に位置し、昭和35年に左沢村と漆川村が合併して誕生した人口約8000人の小さな町です。果物や地鶏、お酒や寒ざらし鮎などが特産品です。

また、現山形県知事の吉村美栄子さんがこの大江町の出身ということで地元では有名です。(平成30年現在)

大江町には、日本三大急流の一つで有名な「最上川」が流れており、江戸時代から大正時代初期にかけ、最上川舟運(水運)の中継地点として大いに栄えたようです。しかしその一方、この付近一帯は難所の連続であり、数多くの舟が難破し多くの人が命を落としたという暗い過去があるということです。

毎年お盆に、その死者の御霊を鎮める意味で灯ろう流し、花火を打ち上げること、今年で96回目。

そうです、この花火大会は、山形県内最古の花火大会と言われています。

山形県民でもこのことを知っている人はわずかですけどね。

ポコ
華やかな花火大会裏には、そんな事情があったんだっポね。
スポンサーリンク

花火大会会場案内図

会場付近はこんな感じです。

実際に花火大会へ行ってきました!

今年も、わたしは夏休み中の長男を連れ、この花火大会に行ってきました。

会場付近に着いたのが午後5時ころ。近くの駐車場はほぼ満車状態で、会場から1km以上離れた場所にある「体育センター」の駐車場に止めました。上の地図にも載ってます。

体育センターの入口の外観です。

駐車場に入ってみると、有料駐車場だったようで、係員さんから500円を徴収されてしまいました。

年に1回の楽しみですから、仕方ありません。

代わりに駐車券を渡されました。フロント部分に見えるように置いといて、とのことです。

駐車券の表と裏です。

会場まで歩いて行く途中、大江町役場が駐車場として開放されていました。

大江町役場の外観です。

さらに会場直近まで徒歩で歩いて行くと、会場付近は一部歩行者天国となっており、露店が出ていましたよ!

露店を見ると、お祭りに来たなって感じがしますね。

帰り際に撮ったので、夜の様子です。

普段あまり人口が多いように感じない山形県でも、こういうお祭りとか花火大会に来ると「こんなにたくさんの人、どこから湧いて出たの!?」って思います。

露店街を越え最上川にかかる橋に出ると、橋の側面から河原に降りていける下り坂があります。

その坂を下った先が花火大会の観覧席になります。

観覧席から最上川上流を見た様子です。
観覧席から最上川下流を見た様子です。

この二つの橋が、何とも言えない風情を出すんですよ!

花火が打ち上げられるのは午後7時からです。

会場には、「最上川舟歌」が流れていましたよ。知っていますか?最上川舟歌。            

山形県の民謡としてはあまりにも有名な唄です。

全国の皆さんも、聞いたことがある人はたくさんいるんではないでしょうか?

 

時間が経つと、徐々にあたりが暗くなり始めます。

河原なので虫が凄いですね!今年は猛暑で蚊が少ないといっても・・・

虫よけスプレーをしてなかったので刺されまくりました!(怒)

やっぱりコレ持って行かないとダメです。

川が直接見れるという事だけあり、こんな船も行き交っていましたよ!

宣伝か協賛事業者の広告ですね。

光が川面に反射するので、とてもきれいです。

そうこうしているうちに、灯ろう流しが始まります。

約1000個もの灯ろうに火が付けられ、川面に浮かべられます。

まさに「鎮魂」ですね。

この灯ろうには、一つ一つ文字が書いてあります。

この画像の灯ろうには「合格」と書いてありますね。

きっと、灯ろうにはこのように、何かを祈願する文字が書いてあるのでしょう。

午後7時になると、県知事吉村美栄子さんのご挨拶が始まりました。県出身者が県知事になって、生まれ故郷の花火大会で挨拶するなんて、ちょっとカッコイイですね。

花火の打ち上げの合図は、吉村知事のカウントダウンでした。

この花火大会の最後は、毎年決まって20号玉が打ち上げられます。

十年くらい前は、20号玉を3発打ち上げて〆た年もあったのですが、ここ何年かは毎年1発です。
この20号玉を見にくる観客も多いんですよ?

残念なことに、今回は一緒に行った長男がグズってしまって、半分も見ることができませんでした。

また来年です。その時に写真を取ったら、この記事に添付しますので。

花火大会で気づいた注意点

花火大会に行って気が付いたことや注意していただきたいことについてお話します。

まず、場所取りについてお話します。

わたしは今回、メイン会場である河原の観覧席で鑑賞したのですが、そこに着いたのが午後5時ころ。

花火打ち上げの二時間前で、まだ半分くらいのスペースが空いていました。

観覧席で実際に席が設けられているのは有料席や来賓席だけです。それ以外はレジャーシートが必須になります。

このシートなら2m×2mの4-6人用なので十分足りると思います。

次に、大会会場のトイレ事情ですが、観覧席付近に工事現場で使っているような仮設トイレが6、7棟連なっています。この他にもあります。

トイレは男女兼用です。

観覧席付近で鑑賞している以上、トイレに困ることは無いでしょう。

次に、日が暮れると足元が真っ暗になります。周りに若干の光はありますが、観覧席の大部分は真っ暗で、足元すら見えません。

転んでけがをしないためにも、特に小さなお子さんがいる方はハンドライトやヘッドライトがあった方がいいですね。


最後に、花火鑑賞中に、周りの人に迷惑を掛けないようにしましょう。

特に、写真撮影のために三脚を立てて撮影している方。

昨日、実際にどこかのオッちゃんとオバちゃんが「邪魔だ」「邪魔じゃない」と言い合いをしているのを見ました。

そうならないためにも、撮影する場合は周りの状況をよく確認して、邪魔にならないようにしましょう。


いかがだったでしょうか?

この花火大会は、大江町はもちろん、その周辺市町村にとっても無くてはならない夏の風物詩の一つです。

まさに、山形県の宝です!

山形県外の方にも十分におススメできます。

来年のお盆は、山形県旅行でもしてみませんか?

おわりに

当ブログでは、我が山形県への旅行や移住、特産品の購入を考えている全国の皆さんに対し、少しでも役に立つ情報をまとめています。

わたしが実際に観光地などに行ってみて直接取材していますので、限りなく観光客と同じ目線に立って記事作成に当たっています。

実際にその場所まで行く必要があるので、ちょっと記事を書くペースは遅くなるんですけど・・・

この記事以外にも、山形県内のそれぞれの地方ごとにまとめた記事がありますので、ぜひコチラもご覧ください!⇒【山形県を遊び尽くす】

以上でーす!

スポンサーリンク
おすすめの記事