スポンサーリンク
Pocket

 

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!

 

前回、わたしはこの記事【「穴を埋める形で雇う」という雇用形態が常態化!もはや人材選別は出来ないものと知れ!】で、企業が「穴を埋める形での採用」つまり「誰でもいいから採用」を実施した場合、メリットに比べてデメリットの方がはるかに大きいですよという自論を述べました。

 

その自論の中で「採用した従業員は、もちろん最初は企業に対しての帰属意識など無く、簡単に辞める可能性が高い」ということもお話しました。

 

そこでわたしは考えてみました。

 

どうすれば「誰でもいいから採用」つまり、採用試験すら受けず、履歴書を提出しただけで即採用となった従業員を満足させ、その企業に留めさせておくことができるのか。

 

業界・企業に対する人気が無く、人手不足が慢性化した職場において、どうしたら雇用した従業員に辞められずに済むのか、その方法をわたくしけたろーが徹底考察します!

 

ちなみに、この題目を語る上で、わたしほどベストマッチした人間はいないと自負しております。

 

なぜなら!!わたしも今の会社に就職する際、採用試験すら受けず履歴書だけを提出し、過去の職務経歴から合格となった&今の会社になど微塵の愛着も帰属意識も無いからです!!

 

分かっていただけたと思います。この題目はわたしが語るために存在するようなものであることを。

【注意】当記事に記載する内容はあくまで自論です。一部机上の空論的な部分や、現実的に難しいと思える部分もあると思いますが、わたしの勝手な自論のため、異論反論は一切認めませんので悪しからず。

スポンサーリンク

給与水準を引き上げる

最初はもちろん給与についてです。

 

仕事をする以上、然るべき額の給与をもらわない事にはお話になりません。そして従業員は皆、なるだけ高い給与を求めています。

 

企業側は、安月給・または安価な時給で従業員をこき使おうとなど思わない事です。

 

使用者側・労働者側と立場の違いがあれど、労働者とてバカではありません。

 

給与に満足できなかったり不満が発生したりすると、履歴書を出しただけで合格したような会社などあっという間に見限られてしまいます。特にパートやアルバイト、派遣社員の立場の人間は一瞬で別な職場を探して転職していきますよ?

 

特別な技術・資格が必要だったり、難しい採用試験を苦労して突破したわけでもないのですから、履歴書を出しただけで誰でも合格するような会社に未練などあるわけないでしょう。

 

正社員や契約社員だってそうです。給与水準が低く、昇給が無かったり低額であったりした場合、「この会社に未来は無い」と一瞬で見切りをつけて別会社に転職していきます。

 

それを防ぐためには、「おっ!この会社気前いいじゃん!」と思われるような給与水準が必要です。毎月の給与はそれなりだけど、特別賞与や決算賞与などことあるごとに「賞与」という形で満足いく額を支給してくれる会社も魅力的ですね。

サービス残業ゼロ!休日出勤皆無!これは最低条件!

一労働者として言わせてもらえば、サービス残業を容認するような企業は、どれだけ世間に貢献し、国に貢献しているような大企業であったとしても、さっさと潰れてしまったほうがいいと思います。

 

このご時世、たとえ1分でもサービス残業など発生させてはいけません。そんなことは正直サルでも分かります。

 

 

仮に採用面接時にサービス残業の有無がわからず、入社後にサービス残業があることが発覚するなどした場合、その企業に全く帰属意識の無い新人従業員は一瞬で辞めていきます。これは間違いありません。ハッキリ言って、サービス残業が容認されているような会社に勤務し続けている方がおかしいです。

 

異常です。

 

また、サービス残業ではなく、しっかりと残業手当を払うにしても、過剰にプライベート時間を削ってくるような残業のさせ方も離職の原因です。

 

そして、人手不足などを理由として本来休日に当たる日に出勤を求め、休日出勤をさせるのも離職の原因となります。

 

会社に微塵も帰属意識の無い従業員からしてみれば、自分が休みの日に職場の人手が足りなかろうが、仕事が進まなかろうが、そのせいで会社の売上・利益が落ちようが、ハッキリ言ってどうだっていいんです。←超重要

 

自分が休みの日は絶対に休みなのです。

 

自分が休みであるはずの日は、確実に仕事を休む。これはワガママでもなんでもなく至極当然のことです。「休日出勤したくない」という意見に文句を言い、従業員を無理やり出勤させたがるような企業であれば、企業の方がワガママと言えます。

 

企業に帰属意識の無い従業員にとって、会社から言われる命令とか依頼ほど、うっとおしくて引き受けたくないものはありません。

 

人手不足でどうしてもヘルプに入らないといけないのなら、帰属意識の従業員に休日出社を求めるのではなく、その企業に忠誠を誓っている社員にヘルプに行かせるべきです。

 

最終的に、その方がその後の離職等の問題を防ぐことができ、効率的なのです。

 

↓お宅の会社の本部なんかにいる、こんな忠誠を誓った社員にヘルプに行かせればいいですよ↓

スポンサーリンク

会社に過度に干渉されたくない

会社側が行う、従業員に対する過度なプライベートな申告要望は、帰属意識の無い従業員にとっては苦痛以外の何物でもありません。

 

帰属意識の無い従業員にとって、その企業で働く一番の目的は「賃金」です。労働力を提供し、その代わりに契約通りの賃金を得られればそれで満足なのです。

 

それなのにもかかわらず、会社側が必要以上にプライベートな申告を従業員に求めたりする行為は、従業員の不信感の原因になります。

 

ハッキリ言って、帰属意識の無い会社になど、自分のプライベートなど伝えたくないのです。

 

会社に過剰に干渉されたくない事と言えば、会社の飲み会も当てはまりますね。

 

形だけの新年会・忘年会・歓送迎会など、その企業に賃金の支払いしか求めていない帰属意識の無い従業員からしてみれば、はっきり言って苦痛でしかありません。

 

ましてや形だけの飲み会で金銭負担が発生した場合など尚更「この会社最悪」となりかねません。

 

企業側とすれば、細かく従業員にアドバイスして、関わりを持てば持つほど従業員の離職を防げると思っているのでしょうが、これは全く逆なのです。

 

企業側が帰属意識の無い従業員と一定の距離(一定の距離=かなりの距離)を置くことが、帰属意識の無い従業員を離職させないための最大のポイントなのです。

 

従業員側からの職場環境改善の提案は光の速度で対応せよ

今しがた、本来会社は従業員と一定の距離を置くべきだという話をしましたが、それはあくまで会社側から従業員側に対する距離のことです。

 

従業員から企業側に職場環境改善の提案があった場合は、光の速度で対応することをおススメします。

 

会社に微塵も帰属意識の無い従業員からしてみれば、多少の職場環境が悪くたって、直接自分の身に降りかからない限り会社側に申告することはありません。

 

そうです、そんな従業員からしてみれば、多少仕事効率が悪くても別に気になりません。

 

だってそんな従業員は「別に仕事効率が悪い事など気になりませんよ。時間から時間まで働きますから、きちんとした給与を支払ってくれれば結構」と思っているからです。

 

言い換えれば、そんな従業員が会社側に職場環境改善の提案をするということは、職場内でその従業員に対して何かが起こっている可能性があったり、致命的な欠陥が職場に潜んでいる可能性があります。

 

いや、「あります」なんて生易しいレベルではなく、間違いなく潜んでいるのです。

 

だから、そんな職場環境改善の提案を受けた場合は、使用者側は光の速度でこの事案に対応し、問題を洗い出し改善する必要があります。

 

そうしないと、従業員は間違いなく離職しますよ?だってその会社に微塵も帰属意識が無いのですから。

 

↓特に、こんな問題ほど要注意です。↓

あまりにも細かすぎる社内ルールはNG

 

会社に微塵も帰属意識が無い従業員にとって、基本的に会社のルールはうっとおしく感じる以外の何物でもありません。

 

特に、一挙手一投足まで決められているような事細かな社内ルールなど、鼻っから従う気はありません。

 

こういう細かすぎる社内ルールは、単純に従業員のやる気をそぐだけです。

 

もし、あなたの会社がこんな帰属意識が皆無な従業員を大量に採用せざるを得ないような会社だったら、一刻も早く社内ルールを見直し、ある程度大雑把で臨機応変な社内ルールに変更しておくことを強くお勧めします。

おわりに

おわりになりますが、会社に微塵も帰属意識の無い従業員に対し、帰属意識を植え付けることは出来るのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

はっきり申し上げまして、会社側から働きかけて従業員の帰属意識を醸成することなどできません。

 

醸成するための勉強会や会合を実施したところで、それは上辺だけにとどまります。

 

帰属意識は、植え付けるのではなく「従業員に勝手に持ってもらう」ものなのです。

 

帰属意識を持ってもらうには、従業員が満足するだけの給与や休日、勤務時間、職場環境を整えることが絶対条件です。

 

このような帰属意識が無い従業員に会社側が不合理なことを求めた場合、それは100%敵視され、不信感を抱かせてしまう原因となります。

 

逆に、十分に満足できる勤務環境を提供した場合、従業員の心に徐々に帰属意識が芽生え、いつかは非常に強い戦力となってくれることでしょう。

 

そして十分に満足できる勤務環境を用意すれば、たとえ業種的に魅力が無くても企業的に魅力があると判断され、求人応募者も増えるでしょう。

 

 

帰属意識が芽生えるまでは企業側から従業員側に強く求めてはいけません。

 

つまり「雇ってやった」という思考で偉ぶったり、指導調になってしまってはいけないのです。

 

逆に、お客様扱いとも取れるほど丁寧に接しなければならないのです。

 

 

今後、人気の無い業種・企業では、人気が無いが故に慢性的な人手不足がさらに悪化し、「誰でもいいから雇用」をして、帰属意識のカケラも無い従業員を大量に雇用せざるを得なくなるときがやってきます。

 

いや、もうやってきている業種だってあります。

 

さあ、あなたの会社がそんな事態に陥った時、あなたの会社はどんな判断を下しますか?

 

まさか、そんな状態に陥ってまで会社の方針やら意見やらを強く従業員に求め、従業員を会社の言いなりにさせようとはしていませんよね?

 

そんなことをしたら・・・

 

 

あなたの会社、人手不足により光を超える速度で廃業せざるを得なくなりますよ?

 

スポンサーリンク
おすすめの記事