真面目人間に贈る、事前申請をした上で会社をズル休みする方法3選【冠婚葬祭編】
スポンサーリンク
Pocket

 

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!

 

わたしは、真面目過ぎる性格の人が会社を騙して仕事をズル休みすることを強く推奨しております。

 

なぜなら、わたしも真面目過ぎる性格を有している者の一人であり、この性格を有している人が往々にして精神的な逃げ道を見失いがちであることを、実際に身をもって知っているからです。そうです、真面目過ぎる人は壊れるまで我慢してしまう傾向にあるのです。

 

仕事をズル休みする方法は、「あらかじめテキトーな理由で会社に事前申請をしてズル休みをする方法」と、「ある日突然会社をズル休みする方法(ポカ休)」の二種類があるということは、以前この記事でご説明申し上げたとおりです。

 

そして既に当ブログにて「ある日突然会社をズル休みする方法」を徹底解説した記事を、下記のとおり公開しております。

 

 

そして当記事からは、あらかじめテキトーな理由で会社に事前申請を出し、公休日以外で有給休暇をゲットしてしまおう!という方法を超具体的にお話していきます。

 

まずは【冠婚葬祭編】と称して、当記事をお届けいたします。


スポンサーリンク

最初におことわり

最初にお断りを申し上げます。

 

わたしは、真面目過ぎる性格を有している人が仕事をズル休みすることを推奨しており、当記事ではその具体的な方法を教示してはおりますが、当記事のとおりに実行に移し、その結果失敗してズル休みが会社にバレたり、ズル休みをした事によって何らかのペナルティを受けたとしても、わたくしけたろー及び当ブログはその責任の一切を負いません。

 

また、苦情の類も一切受け付けておりませんので予めご了承ください。

ズル休みをするために「冠婚葬祭」を装う場合の注意点

ズル休みをするために冠婚葬祭を装うことは非常に効果的な手段ではありますが、いくつか気を付けないといけない注意点がありますので説明していきます。

 

「六曜」に気を付ける

まず一つ目の注意点は、「六曜に気を付ける」ということ。

 

六曜とは、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口のことを言います。カレンダーに書いてあるのを見たことが無い人はいないはず。

 

冠婚葬祭と言うのはこの「六曜」の持つ意味に基づいて行われる日が決められる傾向にあるのは言うまでもありません。

 

結婚披露宴を「仏滅」に行ったり、葬祭を「友引」に行ったりすると縁起が悪いと言われていますよね。つまり、そういった冠婚葬祭に見合わない六曜の日にはこの言い訳は使えないということです。もし使ってしまった場合、鋭い人にはわかってしまう危険性があります。

 

六曜の意味は下記のとおりです。

 

● 先勝(せんしょう・さきかち)

「何事も急ぐことが良い」と言う意味があり、行動するなら午前中が良いとされています。

 

● 友引(ともびき・ゆういん)

大安に続いての吉日であり、結婚式には良い日であるが、葬儀や仏事は避けた方が良いとされています。

 

● 先負(せんぷ・さきまけ)

先勝と逆で、「何事も急ぐと負ける」と言う意味があり、行動するなら午後からが良いとされています。

 

● 仏滅(ぶつめつ)

六曜の中でも最も大凶の日とされています。結婚式やお祝い事は避けた方が良いと言われている反面、「それまでのことが滅び新しい事が始まる」としてお祝い事や引っ越しにあてた方が良いという考え方もあるそうです。

 

● 大安(たいあん)

六曜の中で最も吉日とされています。結婚式などのお祝い事には持ってこいの日です。

 

● 赤口(しゃっこう・しゃっく・せきぐち)

「万事に用いない悪日」と言う意味があります。

 

会社に申請しないといけない危険性のある身近すぎる人の葬儀は使うべからず

葬儀をズル休みの言い訳にする場合に注意しないといけないのが、親族三親等以内の身近すぎる人をネタに使わないということです。

 

あまりにも身近な人をネタとして使ってしまうと、会社側が気を遣い、花を用意してしまったり、香典を用意してしまったりする危険性があります。

 

更に、三親等以内をネタに使ってしまうと、たった一日休むはずが数日間休まないと怪しまれるという事態にもなりますし、忌引き扱いになってしまったりもします。

 

そうならないために、葬儀を理由に会社をズル休みする場合は、知人友人という「少し遠い立場の者」が亡くなったことにしておきましょう。

 

「事前申請」での婚礼・結婚披露宴や法事出席はシフト制勤務の人には不向き

嘘の理由を用い事前申請をして会社をズル休みする場合、結婚披露宴や法事への出席を理由とすると、シフト制勤務の人には不向きになります。

 

なぜなら、結婚披露宴や法事が行われるということは、基本的にひと月以上前から予定がわかっているからです。

 

葬儀・告別式のような突発的に発生し得る「ポカ休に近い理由」であれば、数日前から前日にかけて対応するのが普通です。

 

事前から予定がわかっていると、シフト制勤務の人はその日に初めから公休を当てられたり、シフトを組み替えられて公休とされる可能性が極めて高く、有給休暇を使って休むことは困難になります。

 

スポンサーリンク

知人・友人の結婚披露宴に出席するとウソの事前申請をしてズル休み

まず最初は、知人・友人の結婚披露宴に出席するとウソの事前申請をして会社をズル休みする方法です。

 

推定欠勤可能日数 1~2日
この言い訳を使用するのに適した年代 20歳代前半から30代半ばまでがより適している
この言い訳の使用可能時期 通年を通していつでも可能だが、6月であればなお良し。
事前申請時の注意点 当然のことであるが、土日祝日が公休日の人が、土日祝日にこの言い訳を使おうとした場合、もちろんその日は公休日扱いとなるため、そんなヘマはしないように注意すること。

事前申請をするときは、六曜をよく確認し、「大安」「友引」を狙うこと。敢えて「仏滅」を狙い、上司に「変わった人の結婚式に行くようだな」と思わせるのも一つの手。

ジューンブライドの時期で結婚式が集中する6月を狙えば、平日にこの理由で休みを取ったとしても怪しまれない。

6月以外の時期の平日にこの理由で休みを取得しようとする場合は、あえて何も知らない事にし、万が一上司に「お前のお友達、何で平日に結婚式挙げるの?」と聞かれた場合は「久しぶりに会う友人ですからねぇ。そのことは私も不思議に思っているんですよ。多分向こうの仕事の事情か何かじゃないですかねぇ」と「完全なる他人事」を装うこと。

この言い訳の使用に際し、注意を要する職業 結婚式・結婚披露宴に出席するということは、普通に考えればひと月以上前に予定がわかっていると考えられる。

よって、公休日が簡単に変更できてしまうシフト制勤務の人には、有給休暇ではなく公休日が割り当てられる可能性が極めて高いため、不向きである。

その他注意事項 新幹線や飛行機を使用するほど遠方の知人友人の結婚式・披露宴に参加することとして、式典が夜に行われることにすれば、翌日も休みにすることが可能である。

ただし、遠方に行くとした場合は会社に持って行くお土産を考慮しなければならない。その場合は、あらかじめAMAZONなどのネット販売を通してご当地のお土産を購入しておくこと。

知人・友人等の葬儀・告別式に参列するとウソの事前申請をしてズル休み

次に、知人・友人、遠い親戚などの葬儀・告別式に出席するとウソの事前申請をして会社をズル休みをする方法です。

 

推定欠勤可能日数 1日
この言い訳を使用するのに適した年代 知人友人の葬儀・告別式を理由にする場合、社会通念上、「何か起きてもおかしくない年齢」であればなお良し。

遠い親戚である場合は、基本的に年齢は問わない。

この言い訳の使用可能時期 通年を通して使用可能
上司への事前申請の適切なタイミング 休む日の二日前がベスト
事前申請時の注意点 この言い訳を使用する際は、取得予定日の「六曜」に注意し、一般的に葬儀に向かないと言われている「友引」は避けること。(とはいっても、火葬場は友引が公休日のところが多いが。)

亡くなったことにする人は、近しい親族や親戚は絶対に設定しないこと。

身近な人を設定してしまうと、職場が香典や花を出すと余計なことを言いだす危険性がある。よって、無くなったことにする人は、たとえば「中学校の時の同級生・県外に住んでいる友達・分家の○○」など、自分からある程度距離感のある人にすること。

葬儀の日付を相手が亡くなったとした日から期間を置きすぎた場合、かえって怪しまれる可能性があるので、「亡くなったとした日」⇒「翌日:通夜」⇒「その翌日:告別式」という一般的な流れに沿うのがベストのため、休みを取得するのは亡くなったとした日の翌々日とすること。

 

この言い訳の使用に際し、注意を要する職業 公休日が毎週固定されている人にも、公休日が定まっていないシフト制勤務の人にも、どちらにも向いている。
その他注意事項 「そんな縁起でもない言い訳をズル休みに使えない」などという浅はかな思考は捨てること。別に実在する人物を使用する必要はないので、休暇届には「友人の葬儀に参列するため」などと簡単に記載すること。

地方の新聞では未だに訃報欄が活用されていることから、嘘を悟られないために県外の知人・友人・親族の葬儀に行くということにしておくこと。

 

遠い親戚の法事に出席するとウソの事前申請をしてズル休み

続きまして、遠い親戚の法事に出席するとウソの事前申請をしてズル休みする方法です。

 

推定欠勤可能日数 1日
この言い訳を使用するのに適した年代 遠い親戚の法事は主に家の世帯主が代表出席する傾向が強いことから、年齢はさほど関係なく、自分が世帯主であることが重要。
この言い訳の使用可能時期 通年を通していつでも使用可能。
事前申請時の注意点 葬儀・告別式とは違い、たとえ身内の法事であっても会社側が勝手に花や物を送ってきたり、何か首を突っ込んでくることはまず考えられないが、念のため近しい親族は避けておいた方が無難。

法事程度であれば、実在しない親族を作り上げることも可能。

この言い訳の使用に際し、注意を要する職業 法事に出席するということは、普通に考えればひと月以上前に予定がわかっていると考えられる。よって、公休日が簡単に変更できてしまうシフト制勤務の人には、有給休暇ではなく公休日が割り当てられる可能性が極めて高いため、不向きである。
その他注意事項 特になし。

 

おわりに

以上のとおり、超具体的に「冠婚葬祭を理由とし、事前申請をした上で会社をズル休みする方法」をご説明いたしました。

 

結婚披露宴はめでたい行事なので嘘をついてもさほど苦にはならないと思いますが、葬儀や法事は「そんな縁起でもない嘘を付けない」という感情が湧き出てくるかもしれません。

 

ですが、別に会社に詳しく調査されることなど有り得ませんので、堂々と嘘をつき有給休暇を取得しましょう。

 

有給休暇は労働者に与えらえた正当な権利ではありますが、未だに取得に前向きでない会社・団体が山のように存在します。

 

そんな輩からこき使われて精神的に病んでしまったらただのバカです。真面目過ぎる性格であればなおさらバカを見ることになります。

 

使えるウソは、たとえ結婚披露宴でも、葬儀でも、法事でも、手当たり次第になんでも活用しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事