スポンサーリンク
Pocket

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!
ポコ
たたたたた滝が襲ってくるっポ!のポコだっポ!

今回、全国の皆さんにご紹介するのが、山形県東根市にある「大滝ドライブイン泉や」と、そのすぐ傍にある「関根大滝」です!

山形県と宮城県をつなぐ国道48号線沿いにあるこのドライブイン。

ドライブイン脇には、最上川水系の「乱川」があり、ドライブインから川沿いを降りていくと「関根大滝」という大きい滝を見ることができます!

この滝、ただの滝ではありません。

・・・詳しくは後ほど!

スポンサーリンク

「大滝ドライブイン 泉や」データ

施設名称 大滝ドライブイン 泉や
施設所在地 山形県東根市関山3166
連絡先 TEL:0237-44-2354、0237-44-2407
定休日 不定休
営業時間 8:00-19:00
駐車場 有(無料、30台)
お手洗い
食事処
売店
アクセス さくらんぼ東根駅から車で約20分(約13km)

山形駅から車で約50分(約30km)

山形空港から車で約25分(約16km)

こんな時に利用するのがベスト! 山形県村山地方の旅行のとき!

山形県⇔宮城県間を行き来するとき!

(参考:大滝ドライブイン泉や公式HP

「大滝ドライブイン 泉や」に行ってみた!

山形県東根市と宮城県仙台市青葉区をつなぐ国道48号線こと通称「関山街道」。

その県境のギリギリの山形県側にあるのが、この「大滝ドライブイン 泉や」です。

もう、はるか昔からずーーーーっとここにあるドライブイン。

そしていつでも賑わいを見せているんです。

大滝ドライブイン泉やの外観です。

駐車場に車を止め、車から降ります。

すると聞こえてくる、

ザーーーーーーーーーーーー

っという音。

テレビのノイズじゃありませんよ?

ゲリラ豪雨の音でもありませんよ?

そうです、滝の音です!

このドライブインのすぐ横を最上川水系の「乱川(みだれがわ)」が流れているんです。

川が流れているといっても、ここは平地ではなく、山間地です。

つまり、渓谷になっています。

建物の横はすぐ断崖絶壁となっており、建物の横から渓谷沿いを降りていくと滝があるんです。

ドライブインに来たんですけど、まずは滝を見学しに行ってみることにしましょう!

「関山大滝」を見に行こう!

大滝ドライブイン泉やの脇から渓谷に降りていくことができます。

案内板です。

滝までの道は徒歩で2分とかかりません。

このように案内板が出ていますので、それに従っていけばいいだけです。

ただし、雨の日なんかは足元が滑る可能性があるので要注意ですよ!

赤い橋が出て来ます!

ドライブインからこの橋までは、距離は短いですが結構な急斜面を降りていくことになります。

とはいっても、ちゃんと階段があるのでご安心を。

この橋のど真ん中から滝を見ることができます。

ここで見ることのできる滝は「関山大滝」と言います。

一言で言い表すなら、「ふくよかな滝」でしょう!

一般的な日本の滝と言えば、落差があって、上から下に細長ーーーーく落ちていく印象ありませんか?

でも、この滝は「ずんぐりむっくり」した滝なんです!

さあ、それではご覧いただきましょう!

これが最上川水系乱川にある「関山大滝」です!

「関山大滝」です。

幅15mで落差が10mあるといいます。

この滝、実物見ると圧巻ですよ!

この日は幸いなことに天候に恵まれて晴天でした。

ですが、数日前まで土砂降りだったんです。

当然水量も増えてますよね。

滝が落ちるとき、あまりにも水の勢いが強くて、手前に思いっきり吹き出すように膨らんで落下するんです!

まるで、滝が自分に襲い掛かってきているような錯覚に襲われます。

勢いの良さがわかる一枚。

分かりますか?

これは滝から落ちた水が勢い余って吹き出している様子です。

滝壺に落ちた水も、澄んでいてとてもきれい!

水しぶきの影響か、このあたり一帯、温度が2、3℃低いです。

こんな勢いのいい滝を、本当に間近で見れていい経験ができました。

絶景ですよ!

紅葉シーズンになれば、さらに映えること間違いなしですね!

先ほどの赤い橋の左右からは、川の浅いところに入って行けたりもします。

わたしが行った日は、どこかのテレビ局?が水中カメラを使って水の中を撮影していましたよ!

さて、次はドライブインの中を見てみますか!

ドライブインの中を見てみよう!

続きまして、ドライブインの中を見てみることにしましょう!

・・・とその前に!

こういう光景、めっちゃ懐かしくないですか!?

ラムネが冷やされてあります!

昔はよくこんな光景見ましたよね!スイカ冷やしたり、トマト冷やしたり。

沢の水を引いてラムネたちが冷やされてありました!

 

お店の入口はこんな感じです。

旬のものがたくさん並んでいました。

またしてもここで面白いモノを発見!

魚がいる!

お魚がたくさんいるじゃないですか!

山間のドライブインで川魚が見られるなんてこんな贅沢ありますか!?

心躍りますね!

イワナです。

水槽の中に入っていたお魚は、イワナと鮎です!

どうやら、注文すればここで焼いて食べさせてくれるようです!

ちょうど季節の変わり目です。

お店に入ると、すぐレジがあります。その周りを囲むように和風ファストフードがたくさん売っていましたよ!

お店には、女将さんと若女将さんの二人がいました。

ありがたいことに、来客者にはお茶を出してくれるんです!嬉しい気遣い、感謝します。

少しお話させてもらったところ、このドライブインは個人経営で、既に60年以上もここにあるそうです。

それだけ長く続くんですから、よほど昔から人気があるんですね。

お店は、昔ながらのドライブインの雰囲気がそのまま残ってました。

お食事処です。

お食事処も、席がたくさんあります。座敷を中心にテーブル席まで豊富です。

小さい子がいる家庭では座敷は重宝しますからね。

メニューも豊富です!

メニューは、ラーメン類、そば類、定食、丼ものまで様々あります。

あ、先ほどのイワナを塩焼きにすると500円って書いてありますね!

滝のそばの席です。

滝のそばにも席がありました。こちらはテーブル席。

そして、壁一面に飾られている色紙を発見!

古いのから新しいのまで様々です!

女将さんに「誰のサインかわかんないね~」なんて話しかけたら、丁寧に教えてくれました。

大相撲の琴ノ若をはじめ、市原悦子さん、鈴木京香さん、ブルーハーツまで来ていたそうですね。

取材だったり、プライベート旅行だったり。

 

お土産売り場はこちらです。

さほど大きくはありません。

大きい売店ではありませんが、お菓子、地酒、子供用のおもちゃを中心に過不足なく少量ずつ揃えられている感じです。

お手洗いは、国道を挟んで反対側にありました。

お手洗い棟です。

見た目も中も古いですが、清掃が行き届いており、とてもきれいなお手洗いでした。

 

このドライブイン、旅行の途中に小一時間立ち寄るには十分な観光スポットだと思います!


いかがだったでしょうか?

とてもアットホームなドライブインだったと思います。

あの勢い余って襲い掛かってくる大滝にはびっくりしましたね!

四季折々で色々な滝の表情が見れそうですよ!

お店の人もとても親切で、旅の途中で立ち寄ってみると、いい思い出になりそうです!

どうですか全国の皆さん、一度滝を見に来てみませんか?

滝を見た後は、お店の中で焼き鮎や焼きイワナを戴くっていうのもいいと思います!

おわりに

当ブログでは、我が山形県への旅行や移住、特産品の購入を考えている全国の皆さんに対し、少しでも役に立つ情報をまとめています。

わたしが実際に観光地などに行ってみて直接取材していますので、限りなく観光客と同じ目線に立って記事作成に当たっています。

実際にその場所まで行く必要があるので、ちょっと記事を書くペースは遅くなるんですけど・・・

この記事以外にも、山形県内のそれぞれの地方ごとにまとめた記事がありますので、ぜひコチラもご覧ください!⇒【山形県を遊び尽くす】

以上でーす!

スポンサーリンク
おすすめの記事