はぐれメタルに学ぶ!ストレスからの逃走術!

Pocket

スポンサーリンク

こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!

皆さんはテレビゲームをしたことはありますか?

特に、断トツのRPG日本代表「ドラゴンクエスト」シリーズ。

1986年5月27日に第一作がこの世に出て、早31年。圧倒的人気を誇るこのゲーム。

(知らない人はココ見てね⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/ドラゴンクエストシリーズ

今回は、そんなドラゴンクエストシリーズの、超有名&希少モンスター「はぐれメタル」から、その逃走技術、思考の全てを盗み取っていきたいと思います

現代社会のストレスの波に揉まれながら必死に生きてるあなた&わたし(自分にかい!)に贈る、絶対役立つ精神論!

今回も出ますよ!おなじみのけたろー流解説が!

さあ、張り切っていきますよ!

「はぐれメタル」って、何ぞや?

はい、はぐれメタルとはコイツです!

【はぐれメタルのデータ】(作品によりかなり変動あり)

種属・・・メタル属

HP・・・4

MP・・・そこそこ高い

攻撃力・・・弱い

守備力・・・255!!

すばやさ・・・255!!

経験値・・・一人当たり「10050」!!

ゴールド・・・お小遣いにもならん

おとすアイテム・・・「しあわせのくつ」や「しあわせのぼうし」を中心としたありがたいアイテム

攻撃方法・・・打撃攻撃、ギラ、逃げる

特徴・・・周りが完璧に引く勢いですぐ逃げる、周りがかなり引く勢いで攻撃が当たらない

仲間になった時の名前・・・はぐりん

仲間になる確率・・・1/256(2匹目以降は1/1024)

仲間にした後のメリット・・・ありとあらゆる打撃攻撃、呪文攻撃、息の攻撃が通じないため、パーティーの壁として利用できる。最強呪文「マダンテ」をはじめ、「イオナズン」「ベギラゴン」「メガザル」という攻撃にも回復にも特化した最高ランクの特技を覚える。

体質・・・形状記憶機能のある未知の液体金属(水銀のようだが水銀ではなさそう)

移動手段・・・地を這う、ジャンプ

住んでいる場所・・・草原、洞窟、魔界、高台、あっち、こっち、そっち、どこにでも

コイツにかかわる職業・・・ドラクエ6で初登場する職業「はぐれメタル」

コイツの名をもらった武器・・・ドラクエ4で初登場する「はぐれメタルの武器防具シリーズ」

コイツのやっつけ方の定番・・・会心の一撃、まじん切り、聖水を投げる、ドラゴラム、その他

コイツの名をもらったゲーム機・・・Newニンテンドー2DS LL はぐれメタルエディション

コイツが描かれたグッズ・・・マグカップ、スマホケース、フィギュア、カード、その他

ドラゴンクエストシリーズの第2作目に初登場し、以降その圧倒的需要からシリーズに定着。今やすっかり日本を代表するモンスターに成長。

「戦闘力たったの4・・・。ゴミめ」と思うなかれ。

その圧倒的な守備力と素早さを利用し、攻撃が外れるのは当たり前。当たったとしても、そのダメージはたったの「1」!倒すのには運要素が強いモンスターである。

その莫大な経験値から、各作品で主人公らのレベル上げに利用される定番モンスター。

コイツを倒すべく奮闘し、相当な時間をつぎ込んだ人が、わたしを含め日本中にどれだけいることやら・・・。

はぐれメタルの選んだ道

はぐれメタルは、弱肉強食の世界を生きていく上で「逃げること」を最重要事項とし、生きてきたであろうことは、想像に難くありません。

客観的に見て「自分の液体状で小さい体」「自分の攻撃力の弱さ」「自分が覚えている呪文の威力」が、他のモンスターに勝っているかと問われれば、決して勝っているとはいえずむしろ弱い部類に入ります。

きっと、はぐれメタルは一生懸命考えたのでしょう。「ほかのモンスターより弱いボクは、どうしたら生き延びられるのだろう」と。

そしてついに見つけたのです。「戦っても負けちゃうなら、逃げまくることに重点を置いて生きていこう」と。

その結果、誰にも負けないほどの守備力、素早さを手に入れ、最速で敵から逃げる技術を習得したのです。

その後、はぐれメタルは「ストレス」と感じる「敵」や「出来事」、時には味方からも、徹底的に逃げ続けて生きてきました。

その結果、はぐれメタルは草原や洞窟、魔界など、どのような環境下でも生きられる適応力を身に付けました。

周りのモンスターは中途半端に強いが故、無謀にも勇者に戦いを挑んで命を落としたり、同じ種族同士の争いで命を落としたりしていきます。

そういうモンスター達は一向に経験が蓄積されず、保有経験値4桁の壁すら突破できない者がほとんど。

ですが、はぐれメタルは違います。とにかく自分の障害となる事象からひたすら逃げ続け、徹底的に生き延び続けることにこだわることで、他のモンスターの何十倍もの人生経験を積みました。

その結果、究極の経験値10050という超大台に達することができたのです。

持っているアイテムについてもそうです。他のモンスターよりはるかに長い間生き続け、逃げ続けていく段階で、様々な場所に行き、様々な体験を通して、他のモンスターよりもはるかに貴重なアイテムをその手中に収めることができたのです。

「しあわせのくつ」は、歩くごとに装備した者に経験値が加算されます。

「しあわせのぼうし」は歩くごとに装備した者のMPを回復させます。

こんなレアアイテム、他のモンスターは持っていません。はぐれメタルだから持ち得た物なのです。

主人公に倒されたモンスターは、ただ自分より強い者にあこがれ、起き上がり、仲間になっていきます。

スライムナイトなんか、2,3回やっつけられただけで簡単に相手に惚れてしまい、仲間になります。

ですが、ここでもはぐれメタルは、

「本当にこいつらについて行って大丈夫か?」

「馬車の中の仲間は悪い奴はいないか?」

「こいつらの経済状況は大丈夫か?」

「馬車のご飯はおいしいか?」

「トイレは好きな時にできるか?」

「これからこいつらは何をしにどこに行くんだろう?」

と、ありとあらゆる角度から観察し、少しでも疑念を抱けば絶対に起き上がりません。

そして、ごくごくまれに仲間になったその時は、「はぐりん」という可愛らしい愛称とは裏腹に、それまでに得た人生経験の全てを開放し、最強呪文であるマダンテをはじめ、イオナズン等の最強の攻撃呪文を覚え、類を見ない圧倒的火力を持って目の前の敵を容赦なくせん滅!!

さらには自らの守備力を盾にして仲間を守り、自らを犠牲にして仲間全員を生き返らせる「メガザル」を使うなど、攻守にわたってその圧倒的な存在感を発揮するんです!

いつしかはぐれメタルは、貴重な存在として崇められ、その名をもらった武器や防具が作られるなど、その評判は絶対的なものになっていきました。

自分の知らない間にこんなにすごい評判を得たはぐれメタル。

ですが、その根本にある思考はたった一つ、

「逃げること」

それだけだったのです。

スポンサーリンク

はぐれメタルから習う「逃げる」ことの大切さ

「逃げる」の意味をWikipediaで調べてみました。

逃亡(とうぼう)とは、束縛や義務などから逃げ、身を隠すこと。

と出ていました。

今の現代社会では、この「逃げる」という行為が「恥ずかしいもの」「情けないこと」「格好悪いこと」という位置づけにあるのは間違いありません。

小学校の卒業式を思い返してみてください。校長先生の挨拶で、こんな風にいいますよね。

「中学校に入れば、勉強はもっと難しくなり、部活動も始まります。皆さん、大変なことから逃げずに、全力でぶつかっていってください」と。

我々は、義務教育時点あるいはもっと早い段階から「逃げるのはダメ、格好悪い」という考え方を植え付けられて育っているんです。子供から大人になるまで、延々と。

この考え方こそ、社会問題となっている「うつ病」「不安症」等の精神疾患の発症リスクを増大させる根本的な原因だとわたしは思います。

必死でサービス残業するのも、上司に理不尽に怒られてもなお、耐えようとすることも、自分のことなど二の次にしてまで会社に尽くそうとすることも、全て「逃げるのはダメ」という考え方からくるものなのです。

【あわせて読みたい:そんなに辛くて苦しいのに「我慢」し続けるって、必要ですか?

そして、無理がたたって精神疾患を発症したり、重い病を患ったりして結局社会からはじかれてしまう。

これまで精いっぱい頑張ったのに残念な結果になってしまうんです。

皆さんは、逃げずに頑張って仕事をして無理をして、病気になり、最終的に不幸になることが使命なんでしょうか?

違いますよね?

自分の生活をより良いものとして、家族とともに幸せになり、自分が生きていくために仕事をするんですよね?

だったら逃げるところは逃げましょうよ。

ブラック企業なんて言われているところ、残業が多くて私生活すらままならないというんなら、そんなの辞めてしまった方がいいんです。

あなたがいなくても会社は回るんです。もしあなたがいなくて回らなければ、そんな欠陥だらけの会社、さっさと潰れてしまえばいいんです。

そして、会社に残ると決めた場合も、決して会社に洗脳されないでください。小さいコミュニティの中では、どうしても「その中だけ」になってしまいがちですから、知らず知らずに洗脳されてしまいますよ?

はぐれメタルは、どんな敵からも一瞬で逃げ去ります。これはゲームのモンスターですから、当然極端すぎるところはあります。

でも、はぐれメタルは逃げるべきところでは確実に逃げます。

特に、自分が殺気を放った場合なんかは、本当に「お前生きてるんじゃね?」と思うほど敏感に逃げていくんです。

そんなはぐれメタルにならって、我々も逃げるポイントを見失わないことが大切です。

人間なんて所詮どんぐりの背比べですから、個人の能力にさほど差はありません。

アイツにできることは、勉強すればあなたにだってできます。

知識があるかないか、慣れているかいないかの、たったそれだけの違いだけなんです。

そんな同じようなどんぐりなんかに振り回され、ストレスを抱え込んで苦しむ必要なんてありません。

どれだけ周りに逃げたことを非難されようが、生きていくことの方が大事ではありませんか?

わたしは生き続けるために、逃げるところでは逃げたいと思います。別に非難されようが、自分の価値が下がろうが、知ったことではありません。

だって、自分が死んでしまったら、自分にとっては周りも含めて全て無くなるのと同じですから。

逃げるのを拒否し続けて病気になり、社会復帰が困難になってしまう事と、たとえ恥だの格好悪いだの言われてもなお、ひたすらに逃げ続け、長期間にわたり自分を生かし続ける事と、どちらが最終的に人生経験が豊富でいい人生になるかなんて、言わなくたって分かりますよね。


いかがだったでしょうか?

はぐれメタルは、単体では相手に致命的なダメージを与える直接的な攻撃力は持ち合わせていません。

ただ、それを補ってなお余りある「守備力」「逃走力」「莫大な経験値」を持ち合わせていることから、本来「ザコ」と一蹴されてもおかしくないはずなのに「希少価値の高いレアモンスター」としての地位を確立したんです。

そしてその根底にある考えは「逃走最優先」。

はぐれメタルは、もう30年も前から我々に道を示していますよ?

逃げることはものすごく大切で、決して恥ずかしいことではない、と。

以上です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です