簡単!カーディーラーから「譲渡証明書」の発行を受ける方法!

Pocket

スポンサーリンク

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!

ポコ
いつも元気だ骨ガムが美味い、のポコだっポ!

今回は、先日、カーディーラーから私有車両の「譲渡証明書」の発行を受ける機会がありましたので、その手続き方法や必要用途についてお話します。

なるべく専門用語は外して、例文を交えてけたろー流にわかりやすく説明します。

 

「譲渡証明書」とは、何?どんな時に必要になるの?

あなたはカーディーラーや中古車販売店から新車等を購入した時、ローンを組んで購入しましたか?

ローンで車を購入すると、事実上は自分で車を所有して使っているんですが、車検証上は、カーディーラーやローン会社が「所有者」、車を購入した自分が「使用者」として車検証に記載されることになります。

例えば、けたろーが300万円の新車を「ケタロートヨタ山形株式会社」からローン(60回払い)を組んで購入しました。

後日、新車が納車されました。

車検証を見てみると、

所有者の氏名又は名称:ケタロートヨタ山形株式会社

所有者の住所:山形県けたろー市一丁目1番1号

使用者の氏名又は名称:けたろー

使用者住所 山形県けたろー市五丁目1番1号

と記載されていました。

その後60回払いのローンを完済したからと言えど、自動的に車検証の「所有者」欄が「ケタロートヨタ山形株式会社」から自分「けたろー」に変更されることはないんです。

そのため、自分で「車の新しい所有者はわたしです」という変更手続きを取らないといけません。

その手続きは、ローン返済中は実施することはできず、ローン完済後に実施できるようになるんです。

そして、カーディーラー等から発行してもらった「譲渡証明書」は、この手続きのために必要になるんです。

一番簡単な言い方をすると、

車検証上の所有者の名義変更のために、今現在の車検証上の「所有者」から発行してもらった「譲渡証明書」が必要

と言うことです。

分かってもらったと思いますが、「譲渡証明書」とは、「あなたに所有者としての権利を譲り渡します」という意味の書類です。

なぜ、こんな面倒くさい仕組みを取っているかと言うと、ローン期間中にお金が支払われないという事態を防ぐためと、万が一そのような未払いがあった場合、回収しやすくするためです。

この「車検証上の所有者の名義変更」って、必要なの?

正直、この手続きを取らなくても、すぐにどうこうなるわけではありません。

カーディーラー等も、車を購入する際にこの手続きについて説明することはまれだと思います。

ただし、この手続きを取らないと、今後車の抹消手続きを行うときや、車検証上の「使用者」の名義を変えるときにしわ寄せが来ます。

これらの手続きをしようとする際、車検証上の「所有者」がディーラー等なので、陸運局に必要書類をそろえて持って行って手続きをしようとしても、「車検証の所有者があなたじゃないからダメです」って断られることになります。

なんでかって?車の権利関係の全ては車検証の登録情報に基づいているからです。

なので、いずれ必要となる手続きとなります。

また、法律(道路運送車両法)では、「車の所有者に変更があったときは、変更のあった日から15日以内に、その車の新しい所有者は変更手続きしなさいよ」と決められています。

そうはいっても、法律についてはよほど何か悪質な事情があったりしない限り(悪質な事情とか、元POLICEMANのわたしでもそんな事例は知りません)、15日を超えても手続きは可能です。

スポンサーリンク

自分で用意してカーディーラーに提出する書類は何?

はい、わたしはネッツトヨタ山形で車を購入したのでネッツトヨタ山形に譲渡証明書の発行をお願いしました。

必要だった書類は4点。

①運転免許証のコピー

②車検証のコピー

③その年に支払った車の納税証明書のコピー

④車検証に記載されている「使用者」の住所から現在自分が住んでいる住所までの流れがわかる公的書類(わたしの場合は一つ前に住んでいた場所の市役所から発行された「住民票の除票」)

以上の4点でした。

なお、各ディーラーや、ローン会社、中古車販売店など、車検証に「所有者」として記載されている場所により、必要書類は変わってくるはずですので、詳しくは各自で事前にご確認ください。

カーディーラーから渡される書類一覧

カーディーラー等に「譲渡証明書」の申請をして数日経つと、請求先から発行される書類は次のとおりです。

① 「譲渡証明書」

② 「委任状」

③ 「相手の印鑑証明」

の3点です。

そんな面倒くさい手続き、カーディーラーにお願いできないの?

お願いできます!でも、わたしが言われたのは「3万円くらいかかるよ」という返答でした。

お金に余裕がある人はいいですが、わたしにはちょっと高すぎますね・・・。

けたろーまとめ

いかがでしたか?

ちなみにわたしは、今回いただいた譲渡証明書等の他、各種必要書類を持って、陸運局で「所有者変更手続き」「住所変更手続き」「登録番号(ナンバー)変更手続き」と盛りだくさんで行う予定です。

手続きが終了し次第、詳しくけたろー流に記事にしてお伝えします。

追記:関係手続は無事全て終了しました!【車の陸運局手続き(所有者名義変更・住所変更・ナンバー変更)をやってみた!】

今回、この記事を作成するに当たり、自分の知識の他、こちらのサイトも参考とさせていただきました。【CLUTCH】

以上でーす!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です