あなたが知るべき、おあり運転者の末路【第一部:「命の代償」編】
スポンサーリンク
Pocket

けたろー
こんにちは、けたろー(@ketaroou)です!

ポコ
ポコだっポ!おいけたろー、あおり運転がどれだけ残酷な行為か、日本中に教えてやれ!

2017年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で発生した、石橋和歩(いしばしかずほ)被告によるあおり運転による交通死亡事故。

石橋被告は、事故当日、高速道路のパーキングエリアで駐車方法を相手から注意されたことに憤慨し追跡、高速道路の追い越し車線に相手の車を無理やり停車させます。

そしてお互いに車を降りて口論になっていたところに、後方から走ってきたトラックが追突、車外に出ていた相手の夫婦2人が轢かれて死亡、その車内にいた家族2人が負傷するという、前代未聞の交通事故に発展しました。

・・・いや、事故と言うにはあまりにも生ぬるい。

殺人事件といってもおかしくない大事件に発展したのはご存知の通りです。

石橋被告は当初、過失運転致死傷容疑で逮捕されましたが、捜査が進んで事件の全容が判明するとともに、その悪質性を鑑み、より罰則の重い「危険運転致死傷罪」に変更、他の関連事件とともに起訴されました。

その結果、平成30年12月14日の金曜日、横浜地裁は、石橋和歩被告に懲役18年(求刑懲役23年)の実刑判決を言い渡しました。

この事件に関し、裁判長は「4回の妨害運転後に停止させたのは密接に関連した行為と言える。死傷の結果は妨害運転によって実現化した」と判断しました。

 

この事件は、発生当初から「あおり運転」という言葉を広く世の中に知らしめることとなり、石橋被告の裁判員裁判は、日本中から注目を集めている重大な事件です。

でも、過去にこのような大事件が発生したにもかかわらず、悲しいことに今現在もあおり運転に関するニュースは後を絶ちません。

 

何事もそうですが、「後を絶たない」というのは、一言で言うと、それだけ「ついやってしまいがち」であるということ。

あおり運転もこれに当てはまります。

「運転していてムッとした」「注意されてイラっとした」などという一時的かつ突発的な感情が発端となり、我を忘れて相手を追跡・威嚇・攻撃し、気づいたら大事件に発展してしまっているんです。

 

わたしは以前、警察官でした。

数多くの交通事故現場に赴き事故処理をし、悲惨な現場もたくさん目にしました。

もちろん、今で言うところの「あおり運転」は「交通トラブル」として日常的に扱っていました。

 

今回、全国の皆さんがあおり運転について考え始めた今だからこそ、話せることがあると思いました。

そういう現場を実際に知っているわたしにしか話せないこと・わたしにしか伝えられないことがあると思いました。

 

 

石橋被告の事件の全容が解明されていくにつれ、石橋被告が普段から運転が荒く、幾度となくあおり運転をしては何人もの車を停車させ、何度も何度も警察沙汰になっていたという事実がわかりました。

あなたに知っておいてもらいたいのは、今回、あおり運転の末に大事件に発展してしまったのが石橋被告だったというだけの話であり、車の運転に適さないような危険な性格の持ち主が、日本中にごまんといるんです。

しかも、そんな運転に不適格な性格を持っているにもかかわらず、当然のように運転免許証を保有しているんです。

日本中にごまんといるということは、言い換えればあなたのすぐ近くにも危険な性格の持ち主はいるでしょうし、もしかしたらあなたがその性格の持ち主なのかもしれません。

 

悪質な運転をする人や、危険な性格を持っている人の行動を正すには、もはやその人個人の「良心」や「モラル」に訴えかける以外に方法はないんです。

「良心」や「モラル」というものは、一般人はもちろん、チンピラやヤクザなど、どんな悪党でも必ず持っています。

人と群れ、組織の中にいる時は強がっていても、一人ぼっちになった時にその人の思考・行動の基準になる大切なものです。

 

どうかこの記事が日本中から読まれ、一人でも多くの人の共感を得て、日本から完全に「あおり運転」が無くなってくれることを、切に、切に願います。

今回、「あなたが知るべきあおり運転の末路」と題し、四部編成でお話をさせていただきます。

第一部は、【命の代償】編です。

あおり運転者の末路について詳しくお話する前に、命とはいったいどういう物なのか、一度よく考えてみましょう。

第一部:【命の代償】編

 

スポンサーリンク

いかなる理由があれど、他人の命を奪う権利など無い

全てを話す大前提として、まず心に留めていておいてもらいたいのが「いかなる理由があれど、他人の命を奪う権利など無い」ということです。

 

あなたは「え?そんな当たり前のことから?」と思うかもしれませんね。

でも、ここから始める必要があるんです。

 

もちろん、「他人の命を奪ってはいけない」ということは誰でも知っています。

一般人はもちろん犯罪者やチンピラ、ヤクザだって知っています。

 

でも、どうでしょう?

日々流れる悲惨なニュースの数々。

世界中で繰り広げられる戦争、内戦、紛争、組織の抗争、殺人事件、交通死亡事故。

これ全部、結果として「相手の命を奪う行為」「奪ってしまう行為」ですよね。

 

「殺人事件」「戦争」「あおり運転による交通死亡事故」それぞれ名前や手段は違えど、最終的に行きつくのは「相手の命を奪ってしまう」ということです。

 

「人の命を奪っちゃいけない」と知っていても、命を軽視したり、自分の事情を優先してしまっている人が未だにたくさんいるんです。

だから知っておいてください。

いかなる理由があれど、他人の命を奪う権利はありません。誰にもありません。

あなたが攻撃している相手も「生きる権利」はある

あなたはなぜ「自分」を「自分」と認識しているのですか?

「俺」「わたし」という意識があり、自分の操る体の感覚があり、話せたり、音が聞こえたりするからでしょう?

喜怒哀楽の感情だってあるでしょう?

 

当たり前のことですが、相手だってこれは全て同じなんです。

相手も当然のように「自分は自分」と認識しています。

あなたが言われて嫌なこと、されて頭にきたことは、相手だってそう感じるんです。

あなたが世の中で普通に生きていていいように、相手だって普通に生きていていいんです。生きる権利があるんです。

 

もしあなたが何らかの理由で怒り狂い、その相手に対して何らかの激しい攻撃を加えたり、加えたくなっているのだとしたら、どうか知っておいてください。

あなたが攻撃している相手にも、あなたと同じような自己認識がありあなたと同じように生きていていいんです。

相手にも「生きる権利」があるんです。

あなたは、いかなる理由があれど、それを奪う権利は無いんです。

一切無いんです。

スポンサーリンク

一度失われた命は、絶対に元に戻らない

これも知っていますよね?

一度失われた命は、絶対に元に戻らないんです。

この世には、ドラゴンボールのように死んだ人間を生き返らせてくれる魔法のようなアイテムは存在しないんです。

 

もし、あなたが何らかの理由で命を落としたとしても、もう二度とこの世に生き返ることはできないんです。

もちろんそれは相手だって同じです。

天寿を全うして天に召された人も、不慮の事故で亡くなった方も、理不尽な理由により一方的に命を奪われた方も、一度命を落とせば二度と生き返ることはできないんです。

一日が24時間で一年が365日という「時間」と同じように、「命は一つ」ということは、地球上に生きる全ての人間に平等に与えられた条件の一つです。

相手の命を奪ってしまったその時は・・・

今の日本は「憲法」を頂点として、それに準ずる「法律・条令」などという国民共通の決まり事の中で生活するように決められた国です。

この決まり事は、「この国で人が生きていくための最低限の決まり事」を表したものです。

その決まり事の中には「こんな悪いことをした場合、国はあなたにこんな罰を与えます」という罰則を規定した法律が色々あります。

そんな罰則の中で最上位に位置するものが「死刑」です。

そしてその死刑が適用される犯罪は「殺人」「強盗殺人」「放火殺人」など、人の命を奪う行為がほとんどです。

「命を奪ったらその命を持って償え」というのが今の日本の決まりです。

 

例外として、車を運転していて事故を起こして相手が亡くなってしまったりするなど、自分が意図せずに最悪の結果が発生した場合などは、当てはまらない場合もあります。

ですが、それはあくまで「刑事罰」上でのお話です。

現代社会では事件を起こした人に対する各種制裁が爆発的に増加し、刑事罰の重さは変わらずして、制裁中に占める刑事罰の割合はどんどん低くなっています。

重大な事件になればなるほど、刑事罰はもちろん、報道、行政処分、勤務先からの解雇、損害賠償などが科せられ、自己破産、一家離散など、これまでコツコツと積み上げてきたものが、その周囲の人たちを含めて総崩れになり、長期間にわたりその人たちの足かせとなります。

そして何より、被害関係者からは絶対に許してもらえませんし、恨みを抱かれてしまうことは当然のことです。

おわりに

どうですか?色々話しましたが、「そんなこと言われなくても知ってるよ」と思いましたか?

もう一度申し上げますが、他人の命を軽視しないようにお願いします。

人の命は、一度失ったら二度と取り戻すことができません。

それは相手はもちろん、あなたも同じことです。

 

第一部【命の代償】編はここまでです。

次回、第二部【社会的な破滅】編からは、実際にあおり運転をして相手の命を奪ってしまうような大事故を起こしてしまった場合、どうなるのかということを一つ一つ詳しく説明していきます。

それでは次の記事でお会いしましょう。

あおり運転関連記事はこちら!

元POLICEMANけたろーが、日常生活で巻き込まれる恐れのある犯罪やトラブルへの対処法&予防策を公開しています!
スポンサーリンク
おすすめの記事