【恐ろしい話】あおり運転をしてきた加害者を自分の運転する車で轢いて、自分や同乗者の命を守る行為についての考察
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは、元POLICEMANのけたろーです。

 

当ブログにたどり着いた人の中には、「あおり運転 相手 轢いてもいい?」などという恐ろしいワードで検索されている方が一定数いるという事実があり、心苦しいけれども当記事を記すこととしました。

 

わたしは元警察官ではありますが、検察官や弁護士の方々ほど法律に精通しているわけではなく、モラル的・良心的な観点から当記事に書いてある内容について賛否両論あるであろうことは重々承知の上、お話をしていきたいと思います。

 

今回は主に、

 

あおり運転をしてきた相手(加害者)から高速道路上に無理やり停止させられ、かつ相手が車から降りてきた状況で、このままその場に停止し続ければ後続車に高速度で追突され、自分はもちろん自分の車に乗っている同乗者たちの身体生命に致命的な危害が及ぶ危険性が極めて高いと認められるとき、自分や同乗者の身体生命を守るためにやむを得ず加害者を車で轢いてその場を脱した場合、一体どういう状況になってしまうのか

 

ということについて、お話していきます。

 

*何度も申し上げますが、当記事はあくまでわたくしけたろーの個人的な考察であり、正解か否かはわたしにはわかりません。また、非常に心苦しい思いをして当記事を記したという事実を汲んでいただき、異論反論はご遠慮願いたく存じます。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

当たり前すぎることですが、原則として故意でも過失でも車で人を轢いてしまうことはあってはならない

当たり前すぎることですが、車を運転するドライバーとして、車で人を轢いてしまうことは絶対にあってはならない事です。

 

巷では、過失により車で人を轢いてしまうことを「交通事故」と言い、故意で人を轢いてしまうことを「運転殺人」や「運転傷害」として位置付けています。

 

本来、どちらもあってはいけませんが、後者はその中でも絶対にあってはならない事です。

 

考察:高速道路で停車させられ、身の危険が迫ったために相手を故意的に轢いてしまったら・・・

あおり運転による凶悪事件が社会問題化している現代、特に高速道路上であおり運転車両に無理やり停止させられ、その後しばらくの間の停車を余儀なくされるという事態が続発しているのもまた事実。

 

原則的には、あおり運転者の身勝手なあおり運転行為によって自身の車が停止させられ、加害者によって自分はもちろん同乗者にも危険が及んだ際であっても、車を使って相手を轢いてその場を脱するということは決して許されるべきではなく、可能な限り警察等の然るべき機関に通報して解決を図るべきであることは言うまでもありません。

 

あおり運転の加害者が激高した結果、あなたに対し暴言や暴力を用いて危害を加えようとしている状況から脱するために加害者を自分の車で轢いて自身の安全を確保することは、当記事で問疑されるところの「正当防衛」には当てはまらないと考えます。

 

正当防衛については、過去にわたしが書いた下記の記事を参考としてください。

 

上記の例の場合、「あおり運転加害者から加えられるであろう害の程度(脅迫や器物損壊、暴行など)」と「自分が加害者を車で轢いた結果相手に与える害(つまり、相手が車に轢かれて死亡したり負傷すること)」の差が激しく、この場合は「過剰防衛」となるでしょう。

 

過剰防衛とは文字どおり「防衛手段が過剰手段によるもの」であるため、本来ならば犯罪行為であるが、その事情に鑑みて違法性が阻却される「正当防衛」とは認められず罪に問われる可能性があります。

 

 

しかし、あおり運転の末に停止させられた場所が高速道路上であった場合は、あおり運転の加害者によってもたらされる危険性とは違う、更なる危険が迫ってくる危険性が極めて高いのです。

 

それは「自分の方向に何も知らずに高速度で走行してくる後続車」です。

 

高速道路上では、あなたの知るとおり「車は急に止まれません」です。100km/h前後の高速度で走行してくるため、見通しが悪い場所やカーブの箇所などでは、前方にいる停止車両の存在に気付いても停止しきれない危険性があります。

 

つまり、追突されてしまう危険性があるということです。高速度で走行してくる自動車に追突されれば、追突された者の命はまず無いと思った方がいいです。もちろん、追突した車の運転手も無事だとは言い難いです。

 

高速道路上であおり運転の加害者に無理やり停止させられ、その後多少なりともその停止状況が継続し、このまま停止し続ければ後続車に高速度で追突されてしまい、自分や自分の車の同乗者の身体生命に致命的な危機が迫る危険性がある場合、あおり運転加害者を自分の車で轢いてその場を緊急離脱するという決断は、果たして正しいのでしょうか?

 

わたしが考える結論から申し上げますと、正当防衛は成立し得ると考えます。

 

上記の例のような場合、たとえ自分が故意的にあおり運転加害者を車で轢いてその場を脱した結果、相手が死亡したり重傷を負ったとしても、最終的には無罪になると思われます。「最終的には」、ね。

 

 

「最終的には」と申し上げたのは、事案が事案なため、最初はおそらく逮捕されるでしょう。そしてその後の捜査の結果で正当防衛が認められ、正式に不起訴となったり、起訴されても無罪判決が言い渡されるようになるのだと思われます。

 

しかし、こんな判例は未だに無いのではないでしょうか?判例が無いので一体どうなるのかわたしは知りません。

 

さらに、後続車の追突を避けるために相手を轢いてしまった場合、相手が無傷で済むとは考えにくく、何も知らずに高速度で走行してきた後続車が道路上で負傷している加害者をさらに跳ね飛ばしてしまったり、後続車が加害者を避けようとハンドル操作を誤り、二次的な大事故に繋がる危険性が極めて高いです。

 

言い出したらキリがありませんが、あおり運転をされて加害者から高速道路上で無理やり停止させられてしまった場合、どう転んでも非常に危険な事態に陥る可能性が非常に高いと考えられます。

 

スポンサーリンク

自分がそんな事例のあおり運転被害者の立場だったら・・・

ここからは賛否両論凄まじい事を申し上げます。あくまでわたし個人の決断ですので、異論反論受け付けません。悪しからず。

 

もしも、わたくしけたろーが上記の例のように、高速道路上であおり運転をされ無理やり停止させられた上で、相手が車から降りてきてイチャモンを付けてきて、そうこうしている間に後続車に追突される危険性が極めて高いと判断できる場合で、かつ、相手を轢くという選択肢以外ではその危機を脱することができないと認められる場合、わたしは何のためらいもなく相手を轢いて自分や同乗しているであろう家族の身体生命を守ります。

 

そうなれば、わたしは相手を故意的に相手を轢いたとして現行犯逮捕や緊急逮捕されてしまうでしょう。

 

しかし、そうすることでしか自分の命や同乗者の命を守れないのであれば、わたしは躊躇なく相手を轢いてその場を脱します。

 

これはあくまで極論のお話ですが、実際にこのような高速道路上で停止させられるあおり運転被害と言うのは多発しています。わけもわからず一方的に相手から停止させられて、その上、自分の命や同乗者の命が無くなってしまうことを黙って見過ごすことは出来ません。

 

もちろん、その後は徹底的に正当防衛を主張します。

 

おそらく、このような状況下で相手を轢いてしまった場合、「急迫不正の侵害から自己または他人の権利を守るためにやむを得ずした行為」という正当防衛の要件にバッチリと合致するはずですから、結論は無罪しか有り得ません。

 

当然ですよね。自分はあおり運転の被害を受け、高速道路上で無理やり停止させられるという「急迫不正の侵害」を受けてしまっていたわけですから。そしてその状況から二次的に派生した「後続車からの追突」という危険性を回避するため、やむを得ず「相手を轢いてその場を緊急離脱する」という行為を選択したわけですから。

 

あおり運転を絶対に許さない社会に

わたしはここに主張します。

 

いかなる理由があれど、運転免許証を所持している以上、他人様の運転する車をあおり、危険な状況に陥れるあおり運転は絶対に許してはなりませんん。

 

あおり運転は、被害者加害者双方に対して、何も良い事を起こしません。不幸しか生み出さないのです。

 

だからこそわたしは、運転免許を所持している者があおり運転をして相手に危害を加える言動を行った場合、問答無用で運転免許証はく奪の上、再取得不可という行政罰を設けるべきであると主張します。

 

まとめ

当記事の考察は、正直非常に難解であり、人としてのモラルや良心とかなり葛藤しながら記載しました。非常に心苦しかったです。

 

こんな記事のような残酷な決断を、日本国民の誰もが下さなくてもいいような社会になるよう、わたしは切に祈ります。

 

以上です。疲れましたのでもう寝ます。

スポンサーリンク
おすすめの記事